Tag Archives: 騎手

高校を卒業後、武豊と馬が好きだからという理由でJRAの競馬学校に入学

1996年に卒業を果たし、JRA初の女性ジョッキーが誕生

デビュー1年目で初勝利

さらに1999年には、日本人女性初となる海外レースで勝利をおさめた

引退してからは競馬評論家としてテレビで活躍している

 

●下ネタに目覚めたきっかけ

当時の競馬界は、男性社会

競馬学校を卒業したばかりの細江は、キスも未経験で知識もなかった

そんな細江の一言 一言に変な笑い方をする男性が多かった

 

馬が早く走ろうとするのを、かかる、いくと言う

合わせ馬に乗った細江は「いっちゃう、いっちゃう」

それを聞いたもう一頭に乗る男性が、ゲラゲラと笑う

「いっちゃうか?」「うん、いきそうですぅ」

「いくときは一緒だぞ」「もちろんですぅ、我慢しますぅ~」

馬がかかるのを必死に抑えているので、腕が痙攣する

そこへ「どうだった?」「ガクガクですぅ」

その一連の言動に対して、男性はゲラゲラと笑う

当時の細江は、何で笑われているのか、分からない

 

その後、意味を分かってきた細江は、言われる前に言い返してやろうと

下ネタを言われたときに、ダジャレを交えて下ネタを言い返すと、

その場が爆笑になり、言った細江もすごい楽しかった

 

細江は、下ネタの面白さに気付いた

 

現在、アサヒ芸能に競馬コラムを書いているが、

競馬予想は2割、8割は下ネタの構成

気付くとアサヒ芸能 人気記事 風俗ランキング1位に (636)

スポンサード リンク

有吉反省会で紹介

●チャラいジョッキー:早田功駿

2007年、地方競馬騎手としてデビュー

甘いルックスで女性ファンの間で人気に

2015年6がつには、優駿スプリントSⅡで優勝

本来、競馬とは紳士のスポーツ

ジョッキーは清潔感溢れる人ばかり

ところが早田は、かなりチャラチャラしているという

 

酒の席で隣に女性が座ると「今度 攻め馬させてよ」

「攻め馬?」「攻め馬は調教のことだ。ゲートインしようよ」

妻と子供がいるのに下ネタを連発

 

若手ジョッキーは午前2時くらいに競馬場に来て

馬の調教を手伝うものだが、

早田はグラサン姿で2時間半遅れの出勤

大井の帝王:的場文男に「的ちゃん」とため口

 

ちなみに早田は馬アレルギーだという

 

結婚する前は、20名以上のモデルやタレントと浮名を流した (354)

明石家さんまの転職DE天職で紹介

 

1989年に騎手デビューを果たした佐伯清久

同期は田中勝春、佐藤哲三などスタージョッキー

ジョッキー時代の年収は最高2000万円

しかし怪我が多く成績が伸び悩み、16年で引退した

 

●元JRA騎手:佐伯清久は今…革職人に転身

 

現在、佐伯はオーダーメイドで様々な革製品を製作

 

財布、バッグ、アクセサリーなど

デザインから製作、販売までを一人で行っている

 

始めたキッカケは、欲しい財布がなかったから

独学で始めた製品作り、どんな革でも使い、どんなものでも作る

 

お得意様は武豊など騎手全般

 

2007年の天皇賞の祝勝会に呼ばれ、

関係者に革製品を作っている事を話すと、

優勝記念品として財布やキーケースの注文を受け、大好評

 

調教の際 脚を保護するロングチャップスは特に評判が良く、

今年は260人分を製作中

 

年収は1800万円 (819)

スポンサード リンク