アキラ100%を支え続けた妻の役目

R-1でグランプリに輝いたアキラ100%

妻の雅美さんと出会ったのは、12年前

アキラが一目惚れし、猛アタックの末、交際がスタート

そこから今までの12年間、

芸人収入1~2万円しかない夫のために

妻が看護師として働きながら支え続けた

そんな妻には、大切な日々の役目がある

それは見えてるか、見えてないかのチェック係

 

俳優として10年活動したものの全く芽が出ず、

そこで一念発起し、30歳で芸人に転向

大学時代の同級生とお笑いコンビ タンバリンを結成するも

活動期間5年でやむなく解散

その後、36歳でピン芸人となった

 

●妻:上遠野雅美さんの仕事は、小児移植コーディネイター

臓器移植を必要とする子供たちが、

移植手術を経て回復するように支援する仕事

移植に関する説明を患者の目線に立ち相談に乗る

移植手術前の期間は、医師と患者の間にたち、

検査日程や手術のタイミングなどを調整し、

子供や家族の心のケアに務める

移植された臓器が体内で正常に動くよう子供や家族への生活指導も行う

患者と家族の気持ちが分かることが必要不可欠

日本には、わずか10名ほどしかいない (53)

スポンサード リンク
スポンサード リンク