2011年11月、愛知学院大学在学中、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで

1万3228人の応募の中からグランプリを受賞

 

2013年、仮面ライダー鎧武/ガイムで主演に抜擢

 

そんな佐野は、酒を飲むと気分が上がり、他人の腕を噛みたくなる

 

その強度は、甘噛みではなく噛みちぎりたいほど

 

本当は女性も噛みたいが、立場上 踏み切れない

さらに噛んだ際に拒否さる方が嬉しいらしい (1)

スポンサード リンク

6歳でテニスをはじめ、高校3年のインターハイで3冠獲得

卒業と同時にプロの道へ

全豪、全仏、ウィンブルドンでベスト4に進出

1996年に世界最強のグラフに勝利し、その年、25歳で現役引退

2008年、37歳で現役復帰

2017年、2度目の引退

 

●離婚の理由は、一緒に映画が見られないから

31歳の時、ドイツ人F1ドライバー:ミハエル・クルムと結婚

しかし15年の結婚生活に終止符を打つことに

 

2人の共通の趣味は、スポーツだった

いずれ今までのようなボリュームができなくなっていく

映画を観ても、クルムは英語、伊達は字幕

字幕だと喋れるので話しかけると、

英語を聞いているクルムからは静かにしてくれと言われる

そんな些細な理由で離婚を決意したという

 

●パン屋のオーナーに転身

離婚直後にオープンしたパン屋の店名は、FRAU KRUMM(フラウクルム)

ドイツ人と知り合って、結婚してドイツに行って、

その後ドイツのパンを好きになって、

ドイツパンを作るのに自分の名前を使うのにピンとこないので、

別れた夫の名前を借りたという (17)

90年代、絶大な人気を誇った俳優:小橋賢司

8歳で子役としてデビュー

NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」に出演しブレイク

人気とは裏腹に俳優としての自分に疑問を持ち始め、

このままじゃヤバイと思い、2007年、俳優を休業した

日本から逃げ出したい一心で単身、アメリカに留学

帰国すると俳優時代の貯金は底をついた

ストレスから肝臓を壊して倒れた小橋は、死の淵をさまよった

 

小橋は30歳という人生の節目を向かえ、

自分の30歳の誕生日を自分で盛大に祝う謎のイベントを開催し、大盛況

思わぬ生きがいを見つけた小橋は、様々なイベントを企画

その結果、イベントプロデューサーから声がかかり、

イベントプロデュースの依頼が殺到する

 

現在、イベント制作会社を設立し、

経済効果139億円のビッグイベント ULTRA JAPANを手掛けることに (1)

2016年、NGT48 第一期生オーディションに合格

2017年、デビューシングルでセンターに抜擢

2018年、単独コンサートを開催

 

そんな中井は、

●チーム内で完全に孤立している

NGT48内に仲が良い子が一人もいない

 

その理由は、デビューシングルにセンターに選ばれたあたりからすれ違いが生じ始めたらしい

センターに選ばれた直後、カメラがあるときは、駆け寄ってくれたメンバーも楽屋に帰ると静まり返っていた

 

●言いにくいこともズバズバ言う

 

●メンタルは強いが、メンヘラを起こす (3)

成田が愛するのは、ヒポポタマス

色鮮やかな美しさと極上の滑らかなブランドタオル

綿と竹の繊維を使って織ってある

 

地方などへの移動にもタオルケットを持ち歩く

自宅では、ベッドに3枚、ソファに1枚を常備し、

つねにタオルケットに包まれて生活している

 

物心つく前からタオルケットを持ってないと寝られない子供だった

初代の けろけろけろっぴのタオルケットは、

赤ん坊の頃から中学生まで使用

「タオルケットは育てるもの、くたくたになるといい」 (38)

スポンサード リンク