●小学生時代 伝説級に女子からモテモテ

バレンタインチョコは、最高64個

食べきれなかったので、フライパンでチョコを溶かして、一つのチョコにして冷凍庫で保管

 

●両足捻挫で車いす

小中の同級生:木崎さんによると

紫耀は負けず嫌いで学校で階段を何段か飛ばして下りる階段飛ばしゲームで競っていたところ、最終的に踊り場から踊り場に飛び降りたが、失敗し片足重度の捻挫

次の日、松葉杖で登校してきた紫耀は、昨日の失敗が悔しかったのか、怪我していない方の足でもう一度、踊り場から踊り場に飛び降りたが、失敗し、両足捻挫となった

 

●バスケットボール野球で血まみれ

後援で野球をしていたら、野球ボールよりバスケットボールの方が面白いとバットw手に打席へ、オエッチャーガ投げたバスケットボールの勢いに負け、バットが顔に跳ね返り、流血血まみれ「ねんでバットが跳ね返るんだ!」と怒って帰った

 

●配達トラックに飛び乗り

大親友の松本君によると、給食の後、牛乳瓶を返し忘れた紫耀は、その瓶を何とか返却しようと教室の真下に停まっていた牛乳配達トラックの屋根に2階から飛び乗った。すぐにトラックが発車。信号で停まるまで屋根にへばりつき、1時間後学校に戻ってきた

 

●ぼっちが耐えられない

大親友の松本君によると、紫耀は、1人で外食したことが人生で一度もない

ご飯だけなく買い物やカフェも無理。自動車教習所も1人で通えず、僕は全然関係ないのに名古屋から東京に行ってついていってました

 

●1日中トイレで過ごす

大親友の松本君によると、紫耀の家によく遊びに行くんですが、家の中の行動が意味分からない。紫耀は休みの日に1日中トイレの中にいることがある。トイレの中でご飯を食べたり、色んな物を持ち込んで出てこない

紫耀のトイレには、ストーブが2台、オーブントースターも完備

松本君いわく、紫耀が、トイレにいないので探すと、キッチンでガスコンロの火をずっと眺めている。

 

●遊んでいるだけでバック宙に成功

 

●うどんは一切噛まないで丸飲み

 

●苦手な食べ物は、しいたけで、大好物は ぬれおかき (1)

スポンサード リンク

●横浜ベイスターズ:下園辰哉は今…馬肉卸売会社に就職

 

横浜ベイスターズの代打の切り札 下園辰哉は、

選手会長も務め、2006年には、代打でリーグトップの年間11打点を記録

2017年、32歳で戦力外通告を受け、表舞台から姿を消した

 

妻は元モデル

2人の出会いは、下園が25歳の時、プロ野球選手とモデルの食事会

デートは、試合に招待し、その夜、ご飯に行くコース

付き合って1週間で同棲、交際3か月で結婚し、2人の男子に恵まれた

 

戦力外通告を受けた下園は、契約が切れた翌日から

馬肉卸売会社に就職し、働き出した

職人気質な器用さが買われ、

新規事業 馬肉料理専門店 桜馬の出店のプロジェクトリーダーに抜擢

 

また馬革製品店SILOKU赤レンガ店の責任者にも抜擢された (7)

1977年、大阪府豊中市に産まれた鈴木紗理奈

 

実家の稼業は、父が一代で築いた建設会社

規模は、社員50人

また趣味が高じて割烹料理店を経営

 

建設業をメインに手広く事業を展開

芦屋出身のお嬢様だった母は、警備会社と大島紬店を経営

ちなみに祖父は、東京大学卒の博士

 

実家は、8LDKの豪邸

中庭が見えるリビングには、ビリヤード台

定番の夕食は、父が経営する割烹料理店で、週一のふぐ

さらに父の趣味が高じて、ふぐのために調理師免許を取得

自宅でも ふぐが食べられるように

レストランといえば、ファミレスではなくホテル

寿司が回るのは、知らなかった

即席ラーメンは、お手伝いさんが作ってくれた

 

習い事は、日舞、ピアノ、エレクトーン

ドラマ「スワンの涙」に憧れてシンクロナイズドスイミング

 

英会話が得意になったのは、

実家に英語圏の外国人のホームスティが計12人

 

紗理奈は芸名

本名は、華奈子 (11)

2008年、プロ野球 関西独立リーグのトライアウトに合格

16歳、女子高生で日本初のプロ野球選手になった吉田えり

 

彼女の武器は、ナックルボール

予測不能な変化をする男子選手を翻弄

彼女の登板日には、多くの観客が訪れた

 

さらにアメリカの球団に移籍し、勝利投手に輝き、

ニューヨークタイムズ紙で一面を飾った

 

その後は、独立リーグを転々とし、いつしか表舞台から姿を消した

 

●女子高生プロ野球選手 ナックル姫:吉田えりは今…田舎に移住し、女子プロ野球の監督に転身

 

2017年まで選手としてプレーし、戦力外になり、廃校を利用し、なまずの養殖など様々な事業を行う会社エイジェックの女子プロ野球の監督に転身

 

2018年に独立リーグのチームメイト小松原鉄平と結婚

夫は、東京で野球の独立リーグ ルートインBCリーグの事務局長として働き、吉田とは別居婚状態 (11)

体重100㎏超でキレキレダンスを見せる芸風で、

2008年 R-1グランプリで準優勝し、ブレイクした芋洗坂係長

 

●芋洗坂係長は今…漫画になった伝説の食堂を経営

 

それは北九州市 門司港にある二代目 清美食堂

クッキングパパにも登場した伝説の食堂

 

清美食堂は、芋洗坂係長が生まれる前に、母:清美さんが開店させた食堂

地元の人に愛され、北九州市の名店だった

しかし店を継ぐはずだった長男の芋洗坂係長が、

ダンサーになるため上京したため後継者がいなくなり、1999年に閉店した

 

いくつものオーディションを受けるもののダンサーとして鳴かず飛ばず

1989年に芸人テンションとして活動

その後、相方の田口浩正が役者としてブレイク

ピン芸人として2008年 R-1グランプリで準優勝した

 

芸能活動する中で、大切な店を自分のせいで

潰してしまったことを後悔していた

2014年、母のため清美食堂を復活させた

芋洗坂係長が芸人や舞台で東京にいる間は、

幼馴染の店長と姉の範子さんが店を切り盛り

芋洗坂係長と共に帰省した時には、13歳年下の妻も店に立っている

 

門司港発祥の「ちゃんらー」は、客の8割が注文する

ちゃんぽん麺をいりこ出汁で煮込み、豚肉、もやし、キャベツを炒めて、

上に乗せるだけのシンプルなメニュー (0)

スポンサード リンク