どこかの局アナ出身かと勘違いしがちだが、

●安藤優子の芸能界に入ったきっかっけは、パルコのエレベーターガール

 

千代田区立九段中学校卒業

1974年、東京都立日比谷高等学校に入学

高校在学中、交換留学生としてアメリカ ミシガン州ハートランド高校へ留学

私立オークランド・カレッジを経て帰国し、

上智大学外国語学部比較文化学科を卒業

 

再び留学してホテルマネジメント学を学ぶ費用捻出のため

渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをしていた

そこで外国人客と堪能な英語で話をしていたところ、

テレビ朝日のプロデューサーに声をかけられた (4)

スポンサード リンク

1983年、「微熱カナ」でデビューした清純派アイドル:いとうまい子

大映テレビのドラマに出演しブレイク

 

以降、タレントとして芸能活動を続ているが、

●いとうまい子は今…社員50人の制作会社の社長も兼任

 

その会社とは、テレビ局に番組スタッフを派遣する株式会社ライトスタッフ

場所は、千代田区麹町の賃貸マンションで家賃は約20万円

 

「めざましテレビ」「とくダネ!」「ZIP!」「スッキリ」

「ヒルナンデス」など20以上の報道や情報番組に派遣している

 

設立は、2017年11月、たった1年で社員7人を50人に増やした

芸能活動と両立しながら制作会社を切り盛りしている

 

元々は、いとうまい子の兄が設立したが、2017年1月に急死

兄の遺志を継ぎ、会社を継いだ (4)

2006年、テレビ番組で紹介された山形新幹線の

カリスマ美人販売員:茂木久美子

東京 山形の1往復における1人あたりの平均売り上げは約7万円のところ、

茂木は、その7倍、53万8000円も売り上げて話題となった

車内販売のカリスマと呼ばれた

 

●山形新幹線のカリスマ美人販売員:茂木久美子は今…企業研修のカリスマ講師に転身

 

2015年に一般男性と結婚し、山形市内で暮らしている

 

当時、わずか26歳で社員1300人を指導する立場になり、

一躍 車内販売のカリスマともてはやされた

すると裏方だった平穏な生活が一変

カリスマ販売員のクレーム対応が見たいと、わざとお金を投げられたことも

さらに売り上げが上がれば上がるほど

売り上げ水増し疑惑をたてられたり、

甘い声での接客がスナックのようなだと批判されたり、

周囲のやっかみも噴出し、退社した

 

そして販売員の接客術を生かし、企業研修のカリスマ講師に転身

オファーが殺到し、年間講演数200本以上 (9)

「元気の出るテレビ!!」のボクシング予備校で人気者になり、

その後、スーパーフライ級 世界チャンピオンになり、2度の防衛に成功

チャンピオンになってから2年で引退し、表舞台から姿を消した

 

24歳の時に、一般女性と結婚し、2人の子供に恵まれた

 

飯田は今、アメリカで発祥した脳を鍛え、

動体視力など見る力を養う視覚能力(ビジョン)トレーニングを教えている

視覚能力トレーニングは、動体視力以外に学力アップ、

認知症予にも効果が期待できる

眼球だけを動かすことで焦点を合わせる動体視力がアップする

さらに目を動かす過程で前頭葉が鍛えられ、情報処理速度がアップする

 

小学生が2か月間トレーニングしただけで、

読書スピードが約2倍、記憶できる単語量も約2倍伸びたという

 

飯田は現役時代にこのトレーニングをに出会い、教室を開設した (2)

1986年、17歳の時に歌手デビューし、

日本レコード大賞新人賞を受賞

同じ事務所だったとんねるずとドラマに数多く出演

とんねるずの妹分と呼ばれた

 

●真璃子は今…福岡でバイトを掛け持ちしながらローカルタレントとして活躍している

 

昼は、テレフォンアポインターで

プリンターのカートリッジを一般企業に電話して販売し、

1日5時間働いている

 

夜は、福岡にあるバー カナロア(福岡県福岡市博多区東光2-22-60)で働いている

 

バイト掛け持ちで歌手活動を再開し、ラジオ番組のMCを務めている (2)

スポンサード リンク