下ネタばかり言う元ジョッキー:細江純子

高校を卒業後、武豊と馬が好きだからという理由でJRAの競馬学校に入学

1996年に卒業を果たし、JRA初の女性ジョッキーが誕生

デビュー1年目で初勝利

さらに1999年には、日本人女性初となる海外レースで勝利をおさめた

引退してからは競馬評論家としてテレビで活躍している

 

●下ネタに目覚めたきっかけ

当時の競馬界は、男性社会

競馬学校を卒業したばかりの細江は、キスも未経験で知識もなかった

そんな細江の一言 一言に変な笑い方をする男性が多かった

 

馬が早く走ろうとするのを、かかる、いくと言う

合わせ馬に乗った細江は「いっちゃう、いっちゃう」

それを聞いたもう一頭に乗る男性が、ゲラゲラと笑う

「いっちゃうか?」「うん、いきそうですぅ」

「いくときは一緒だぞ」「もちろんですぅ、我慢しますぅ~」

馬がかかるのを必死に抑えているので、腕が痙攣する

そこへ「どうだった?」「ガクガクですぅ」

その一連の言動に対して、男性はゲラゲラと笑う

当時の細江は、何で笑われているのか、分からない

 

その後、意味を分かってきた細江は、言われる前に言い返してやろうと

下ネタを言われたときに、ダジャレを交えて下ネタを言い返すと、

その場が爆笑になり、言った細江もすごい楽しかった

 

細江は、下ネタの面白さに気付いた

 

現在、アサヒ芸能に競馬コラムを書いているが、

競馬予想は2割、8割は下ネタの構成

気付くとアサヒ芸能 人気記事 風俗ランキング1位に (75)

スポンサード リンク
スポンサード リンク