Monthly Archives: 5月 2017

容姿、経済力、知性の全てを兼ね備えた最強バーチェラー:久保裕丈

Amazonプライムビデオの「バーチェラー・ジャパン」に出演し、

久保を巡って、25人の美女が熾烈な争いを繰り広げた

 

東京大学大学院卒業後、

世界トップクラスの外資系コンサル会社に就職

2012年、29歳の若さで独立し、ファッション通販会社を設立

その会社を2015年に17億円で売却

現在は、知識を活かしフリーコンサルタントして多くの会社と契約を結ぶ

 

 

週3回、キックボクシングのトレーニング

朝食と昼食は、ブレットプルーコーヒーが食事代わりで、1日1食 (30)

スポンサード リンク

今や酒が似合う女優となり下がった高橋由美子だが、

中学2年生の時にスカウトされ、アイドルとして輝いていた

 

1994年に主演したドラマ「南くんの恋人」は、

小さくなるヒロインを演じたため、

他の役者と会わず、誰もいないブルーバックで撮影

 

ドラマの音声さんと隠れて交際していたという

きっかけは、高橋から渡した電話番号 (42)

●趣味は、缶バッチ集め

雑誌のスタッフから貰ったのと

自分で買ったモノを合わせて50~60個の缶バッチを持っている

 

●生まれ変わったら犬になりたい

トイプードルとミニチュアダックスの2匹を飼っている

朝早く起きて学校に行くときに犬は、寝ている

毎日 ゆっくりと寝て、遊びたいときに遊ぶのが羨ましい

 

●特技はショービット

ボードを足元で素早く180度 回転させるスケートボードの技

 

●好きな女性のタイプは、

アカンことはアカンって言える、しっかりした子 (28)

1989年「第2の山田邦子」を決める大会でグランプリを獲得した雑賀みか

ネタは、女子大生がゾンビに憑依される芸

「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」で芸能界デビュー

しかしゾンビ芸は、すぐに飽きられて、わずか1年で姿を消した

 

●第2の山田邦子:雑賀みかは今…婚活パーティーのカリスマ司会者に転身

 

婚活パーティーのカリスマ司会者として活躍

年間の司会数は、300回以上

スタイルはスパルタ

ドデカイ乾杯の音頭を皮切りに、会場を歩き回り男性を叱咤激励

このスパルタ婚活パーティのカップル誕生率は、驚異の7割!

 

芸能界引退後IT会社を立ち上げるも大失敗し、借金1000万円

10年前に婚活業界に飛び込み、現在は12名の社員を抱える女社長に (23)

毎日新聞の記者出身の政治評論家:細川隆一郎

頑固一徹の細川の娘が、細川珠生

テレビでも度々親子共演

2009年8月、細川隆一郎 死去 享年90

 

●細川隆一郎の愛娘:珠生は今…政治ジャーナリストに転身

今では安倍首相や小池都知事に

単独インタビューを許されるまでになった

 

細川隆一郎が失明して介護していた時、

新聞の読み聞かせや言葉の書きおこししていたのが、役に立った (37)

スポンサード リンク