パンプキン小川真澄は今…2度の離婚、障害児の子育てに追われている

1989年、アイドルデュオ パンプキンとしてデビューした小川真澄

同期にはribbonやCoCoなどアイドルグループ全盛期

激しいアイドル戦争に敗れ、1993年にパンプキン解散

 

●パンプキン小川真澄は今…2度の離婚、障害児の子育てに追われている

小川は、現在 鳥取県米子市に住み、

タイヤ販売所のナガミの経理として働き、3人の娘を育てている

 

次女には知的障害がある

人とのコミュニケーションが苦手で

突然幼い行動をしてしまうなど

物事の判断が上手くできず、パニックに陥ることも

彼女は現在、米子市内の養護学校に通っている

実は生まれつき障害があったわけではない

 

1993年、パンプキン解散、21歳で芸能界を引退

1994年、バイト先で知り合った男性と結婚

夫の実家がある鳥取県に移住し、長女と次女を出産

1999年夏、生後半年の次女が発熱、39℃を超え、一晩中 嘔吐を繰り返した

翌朝、近所の診療所へ、風邪と診断

その夜、再び発熱

病院へ行かず、翌朝 病院へ連れて行くことに

翌朝、総合病院へ行くと、髄膜炎と診断された

何とか一命はとりとめた

それから5年後、次女の成長の遅れを感じ、検査へ

髄膜炎の後遺症による知的障害と診断された

次女の障害が分かったころ、夫婦関係が悪化

2002年、結婚8年で離婚

2006年、34歳で再婚したが、夫の単身赴任をきっかけに

夫婦仲が上手くいかなくなり、2度目の離婚となった

子供3人を育てるため、週6かの事務仕事

どれだけ働いても月の収入は10万円ほど

 

小川は、あの時 すぐに病院に連れて行けば、と後悔している

 

2013年8月、勤めているタイヤ販売店社長と3度目の結婚 (27)

スポンサード リンク
スポンサード リンク