料理愛好家:平野レミがブレイクしたのは、NHKに抗議が殺到した手抜き料理がきっかけ

20代の頃、シャンソン歌手として活動していたが、全く売れなかった

ある日、一本の電話が

「ラジオで久米宏の新コーナーがスタートするのですが、アシスタントのオーディションを受けて頂けないでしょうか?」

面識もないラジオのスタッフからオファーが来た

オーディションに参加してみると簡単な面接だけで採用された

実は、辺見マリを呼びたかったスタッフが間違って、

平野レミを呼んでしまったという

辺見マリと平野レミは、当時、同じレコード会社に所属

2人ともまだ売り出し中で、顔と名前が一致しないレベルだった

その後、人違いだと判明したが、

レミの喋りが面白かったことから そのまま採用

 

このラジオを聴いていたイラストレイターの和田誠は、

顔を見たこともないレミの人柄に惹かれ、

久米宏にお願いして紹介してもらい、2人は出会った

その出会いから1週間後に結婚

夫の和田誠は、毎週金曜日、仲の良い芸能人や

文化人を自宅に招待して食事会を開いていた

そしてレミの料理を舌の肥えた大物芸能人たちが大絶賛

これをきっかけに雑誌で家庭料理の記事を書くことに

 

そしてNHK「きょうの料理」から出演オファー

1回だけのお試しで出演することに

作るのは、レミ考案の牛トマ

牛肉とトマトをバジルで味付けするお手軽料理

まずはフライパンで牛肉を炒め、

そこに乱切りしたトマトを入れる予定だったが、

トマトを切らずに握りつぶして投入した

放送後、見るに堪えないと視聴者から抗議が殺到

プロデューサーからも厳重注意され、

もうNHKからオファーが来ないと諦めていた

数日後、ある新聞の読者の投稿欄に、レミの料理を絶賛する記事が掲載

これがきっかけで「きょうの料理」のレギュラー出演が決定した

(79)

スポンサード リンク
スポンサード リンク