ミュージカル女優:新妻聖子が、レ・ミゼラブルのオーディションに呼ばれることになった奇跡

●ミュージカルは、舞台に立つまで見たことがなかった

初めて見たのは、2003年 大学を卒業してから

 

●喉の内視鏡

耳鼻科で喉の声帯を頻繁にチェックしている

内視鏡の画像をアルバムに入れて保存している

ミュージカルの本番中は、毎日 行っている

 

●せっかち

エレベーターでは、コントロールパネルの前に立ち、

閉まるボタンを押してから、階数ボタンを押す

 

●田舎育ち

卵と鶏肉は、スーパーではなく養鶏場で購入

小学校まで歩いて45分、ひたすら野花の蜜を吸っていた

コンビニを見たことがなかった

お菓子は、すべて母の手作り

 

●バンコクでカラオケを初体験

毎週末、家族でカラオケに行き、7時間滞在していた

友人とカラオケ行ったら、あの歌うたって、この曲歌ってと喜んでくれた

歌うと喜んでくれることから歌手になりたいと思うように

 

1980年、愛知県の超ド田舎 祖父江町に生まれる

顔は父親似、性格は母親似

父の仕事は、エレベーターの設計開発者

作業事務をしている母親は、ママさんコーラスに在籍し、ずっと鼻歌を歌っていた

 

姉の影響で、3歳からピアノを習い始めたが、

落ち着きがなくピアノの前でジッとしていられないと、

先生に呼び出されて歌やダンスを薦められた

 

1991年、11歳のとき、母から突然「バンコクに引っ越すわよ」と宣告

父の海外赴任で突然 バンコクに行くことに

両想いだった同級生と体育館で2人だけでお別れ

バンコクでは都会の高層マンション暮らし、15階に住んでいた

田舎の小学校からインターナショナルスクールに転校

クラスはなく大学と同じ 授業の選択制

外国の友達に囲まれ、性格が積極的に

 

17歳でバンドを組み、相川七瀬などのJ-popをカバー

日本の雑誌で読んだセブンイレブンの牛カルビ弁当がきっかけで、日本に帰りたくなり帰国

 

帰国後、1999年 上智大学法学部に帰国子女枠で小論文と面接で入学

本格的に歌手を目指し、芸能事務所に所属

デモテープを作り、2年間の営業活動の結果、成果なく

 

2001年、テレビ朝日のアナウンサーの試験を受験

最終のカメラテストに合格し最終面接で不合格

中越典子が辞めた枠の「王様のブランチ」のリポーターに抜擢

 

●ミュージカル女優になるきっかけ

2003年、23歳のとき、突然 ミュージカルのオーディションを受けてくださいと依頼が入った

受けてみたら役に合格

後に聞いたら、自分をプレゼンする大学の授業で、3秒だけ口ずさんだ歌声

それを覚えていた学年も違う女性が、

2年後に、レ・ミゼラブルのオーディション枠に推薦してくれたことを知った

(149)

スポンサード リンク
スポンサード リンク