「救急戦隊ゴーゴーファイブ」のゴーイエロー役を演じた柴田賢志は今…右半身麻痺となり難病と闘っている

1999年、5人の兄妹で敵に立ち向かう救急戦隊ゴーゴーファイブが放送

ゴーイエローを演じたが、柴田賢志

 

人気を博したが、放送終了後、柴田は突然と芸能界から姿を消した

 

救急戦隊ゴーゴーファイブの撮影終了後、

柴田の身体に突然異変が起きる

何の前触れもなく右手が震え、さらに右目に違和感が…

モノが二重に見えるようになり、平衡感覚がなくなった

病院で検査をすると脳腫瘍が見つかった

腫瘍の場所は、中枢神経が集中する場所、すぐに手術ができなかった

手術ができるまで待っていた柴田は、

痛み止めのステロイドを飲み、日々を耐えた

腫瘍が大きくなるにつれ、右手の震えは異常なほど大きくなった

ようやく手術ができたのは、脳腫瘍が見つかってから1年後

腫瘍は1度に取り除けず、5年で5回の手術が行われた

何とか脳腫瘍は除去できたが、右半身麻痺となり、

柴田は重度の障碍者に認定された

 

ひっそりとドラックストアで棚卸しのバイトを始める

 

手術してから5年後、麻痺していない左の腰に痛みが…

痛みは日に日に激しくなり、病院で検査を受けた

大腿骨頭壊死症と診断される

原因は不明だが、大腿骨が壊死し歩行不能に陥る病

両足とも人工関節となり、歩行困難な状況に

 

現在、柴田はリハビリを繰り返し、幼稚園で働いている

(30)

スポンサード リンク
スポンサード リンク