将棋界を唯一 自ら退会した天才棋士:永作芳也は今…茨城県で独身生活

将棋界を唯一 自ら退会した天才棋士:永作芳也

棋士番号139

 

高校を中退し、棋士になるため上京

24歳でプロ棋士に昇格

しかしプロになって8年目、1987年5月 NHK杯トーナメント

16歳の少年棋士:羽生善治と対戦し、敗退

その翌年、自らの意思で将棋連盟を退会した

 

その後、30の職を転々とし、

会社を2つ立ち上げたが、残ったのは借金だけだった

地元茨木に帰った永作は、母親の介護の面倒を見ることに

 

母親の介護を終えた永作は、

2017年、小学生対象の将棋教室を開いた

そのきっかけは、藤井聡太のブレイクだった

 

天才羽生によって将棋から30年離れていた永作は、

天才藤井の活躍をきっかけに再び将棋の世界に戻ってきた

(39)

スポンサード リンク
スポンサード リンク