金メダリスト:清水宏保は今…北海道で年収億越えの実業家に転身

1998年、長野五輪 スピードスケート500mで金メダルを獲得した清水宏保

2010年、35歳で現役を引退

引退後、タレント活動をしていただが、

モデル女性と結婚するも不倫スキャンダル報道に見舞われ、

離婚し、世間から姿を消した

 

その後は、外車を売り、家賃4万円台のワンルームマンションで暮らしていた

 

2016年にオープンした清水が経営するフィットネススタジオ TWO SEVEN BODY

現在会員数は200名以上で、普通のジムより圧倒的に高齢者が多い

その理由は、メディカルフィットネス

病院のリハビリは日数が限られており、リハビリ難民を救済している

スタッフも理学療法士など国家資格を持つ人を採用している

ゴースト会員を増やさないために完全予約制に

 

2013年、たった5人でスタートした会社が、社員40名を抱える規模に成長

 

ジム以外にも通所介護施設リボンリハビリセンターも経営

サービス付き高齢者住宅を建設中 (10)

スポンサード リンク
スポンサード リンク