元西武ライオンズ:玉野宏昌は今…ソニー生命保険の営業に転身

神戸弘陵学園高等学校から

西武ライオンズにドラフト1位で入団した玉野宏昌

当時、西武から巨人に移籍した清原和博の背番号3を継承

人気を博したが、清原の看板は重く、

プレッシャーに負けて野球界から姿を消した

 

ドラフトで1位指名を受けていた時、

2指名を受けたのが、社会人野球で活躍していた森慎二

同期入団した2人は、すぐに意気投合

森はプロ1年目から抑えのエースとして活躍

チームのリーグ優勝に貢献した

そんな森は、2軍に甘んじていた玉野を叱咤激励

2005年、玉野はプロ9年目で戦力外通告

すでに結婚していた玉野は、総菜を作るアルバイトや運送会社を転々

ようやく腰を落ち着けたのは、紙製品の販売会社

しかし今の仕事を続けていくべきか、人生に進路に悩むように

そんな時、西武のコーチに就任していた森に相談

すると「しっかりせい!人生後悔のない決断をしろよ」

2017年、6月25日、試合前の練習に参加するため球場に向かっていた森

森の体に現れたのは、微熱、倦怠感

すでにこの時、森は、溶連菌(人食いバクテリア)に感染していた

菌が傷口などから侵入して発症する

発症すると恐ろしいスピードで体が壊死

28日、溶連菌の感染による敗血症により森慎二 死去

森の死去から数日後、森というソニー生命保険の社員から会社に誘われる

「色々考えることがあるかとは思いますが、ぜひ後悔のない決断をしてください」

転職をするかしないかで迷っていた玉野は、その言葉を聞いて決断する

2018年4月から玉野は、ソニー生命保険の営業に転身した (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク