Category Archives: 結婚/離婚/恋愛の真相

競馬番組のリポーターや日刊スポーツで連載を持つなど競馬アイドルとして活躍する瀬戸サオリ

それをきっかけに出会ったのが、

競馬番組のMCをしていたジャングルポケット斉藤

3年の交際を経て、2017年12月に結婚

 

そんな斉藤のポロポーズは、

「タヌキ出るから、タヌキ見に行かない?」と言われて、

断ろうとすると無理やり連れていかれ、

カバンからゴソゴソと何かを取り出して

タモリの口調をマネて「結婚してくれるかな?」とプロポーズ

瀬戸は、軽く「いいとも」と返事して、イベントは終了した (0)

スポンサード リンク

●プロポーズは手紙と108本のバラ

「思い出の店を予約したから」と告げられ、

これはプロポーズだと勘づいたが、

店に行くと、何もなく、食事が終わった

家に帰ると唐突に「手紙を読んでいい?」

3か月待ちのVERMICULARをプレゼントされ、

「これでたくさん手料理を作ってください」

鍋の箱を開けているときに、

隠していた108本のバラの花束を持ってきて、

指輪の箱を開いてプロポーズ

過呼吸になるくらい感動したという

 

●出会い

大阪の番組収録で大阪に行ったとき、

大阪にいる女友達に食事に誘った

元々3人で食事する予定だった女友達の席に合流すると

そこに将来 結婚する男性がいた

出会って1週間で交際 (2)

すぐみんな口説こうとする。短いスパンで

俺は長く考えた方がいいと思うんです

 

一回まず言うんです。結構不自然なタイミングで

「俺 好きなんだけど付き合おうよ」

全然お互いのこと知らないのに早いよ、となる

一回フラれて笑いみたいな感じになると

何回フラれてもギャグになるからフラれ放題

 

それを会うたびに「付き合ってよ」と告白。まだ早いでしょを繰り返す

すると相手にとって気楽な人になるっていうか、

この人フッても傷つかないし、

変な感じにならないので全然簡単に断れる、となる

 

どんな人でも一年に一回くらい寂しい夜って来るんです

その時に「あっ気楽な人に連絡しよう」って思う

そしたら俺の携帯が鳴るんです (14)

2016年に結婚したお笑い芸人 流れ星の瀧上伸一郎と

元モノマネタレント兼グラドルの小林礼奈、子宝にも恵まれた

 

嫁の小林礼奈がヤバすぎることが分かった

 

●養豚場で働き始める

小林から豚が好きだと聞いていた瀧上は、軽い感じなのかと思っていたら、

2014年、豚が好きすぎて相談もせずにタレントを辞め、

所沢の養豚場で働き始めた

 

●夫の後輩芸人の股間を触る

瀧上が後輩芸人を連れて自宅で飲むと、

小林が酔ってパンツを脱いだ後輩の股間を触っていた

理由は、股間が大好き、全ての故郷、全ての始まり、全ての命の始まり、突起物依存症だから

エロい気持ちはないという

 

●突起物依存症になった理由

幼いころから母のイボを触るのが好きで、触りすぎて大きくなってしまった

見かねた父が、それ以上イボを触ったら母の首をちょん切るぞと包丁を持って脅された

そんなワケで以降、自分の乳首を触っていた

 

●L’Arc〜en〜Cielが好き

「伸ちゃん、もしも私がhydeと食事行けることになったら行っていいかな?」

「全然いいよ」

「分かった、ありがとう。じゃもしヤレるならヤッテいい?」

「ヤルるのはダメだよ」

「え、なんで?チャンスだよ」

 

●枕営業

居酒屋のバイトで店長に嫌われてシフトを入れてもらえず、副店長に「シフトを入れてください。家に来てもいいから」と言い、「ちょっとだけした」が、シフトは増えなかったので、「ヤリ損だった」という (642)

6歳でテニスをはじめ、高校3年のインターハイで3冠獲得

卒業と同時にプロの道へ

全豪、全仏、ウィンブルドンでベスト4に進出

1996年に世界最強のグラフに勝利し、その年、25歳で現役引退

2008年、37歳で現役復帰

2017年、2度目の引退

 

●離婚の理由は、一緒に映画が見られないから

31歳の時、ドイツ人F1ドライバー:ミハエル・クルムと結婚

しかし15年の結婚生活に終止符を打つことに

 

2人の共通の趣味は、スポーツだった

いずれ今までのようなボリュームができなくなっていく

映画を観ても、クルムは英語、伊達は字幕

字幕だと喋れるので話しかけると、

英語を聞いているクルムからは静かにしてくれと言われる

そんな些細な理由で離婚を決意したという

 

●パン屋のオーナーに転身

離婚直後にオープンしたパン屋の店名は、FRAU KRUMM(フラウクルム)

ドイツ人と知り合って、結婚してドイツに行って、

その後ドイツのパンを好きになって、

ドイツパンを作るのに自分の名前を使うのにピンとこないので、

別れた夫の名前を借りたという (61)

スポンサード リンク