Tag Archives: グラビアアイドル

タクシードライバーとして働くグラビアアイドル:生田佳那

雑誌やテレビで活躍する一方、

飛鳥交通グループで働くタクシードライバー

 

●タクシードライバーになったきっかけ

文教大学で松本市から上京、卒業する前に表参道でスカウトされ読者モデルに

卒業する間際、読者モデルのスケジュールがコロコロ変わり、

アルバイトが続けられなくなり、収入が無くなる

これでは生活していけないと思った時に、

女優、タレントになるべく、タレントの支援を行いながら

タクシードライバーの資格の取得を目指す飛鳥交通ドリームプロジェクトに応募、見事グランプリを獲得

スケジュールの融通が利く、

さらに夢を追いかける人を応援する、の

キャッチコピーを気に入り、タクシー業界に入った

 

●男性用トランクスを穿いて登校

友人の麻里さんによると、

高校時代に いきなり兄のトランクスを穿いて登校してきた

トランクスをショートパンツ風にアレンジしていたようだったが、

柄がどうみてもトランクスだった

 

私服の共学高校で、当時チェックのショートパンツが流行った

朝、洗濯物を見たら兄の柄パンががあり、

まさに流行りのヤツじゃんと思い、穿いて登校した

 

●行動的だが、ひたすら爆睡

獣医師の父:昭義によると、佳那は一度寝ると、ひたすら爆睡する

そして、ひたすら寝言が多い子でした (24)

スポンサード リンク

元グラビアアイドル:秋山莉奈と

獲得賞金1億円以上 ボートレーサー:後藤翔之

2人は2015年に結婚

 

●出会いのきっかけ

元々、同い年で地元のも近かく、共通の知り合いもいて

何となくの顔見知りだった

友人の結婚式の2次会で再会し、また連絡を取るように

何度か後藤の東京のレースを観に行き、交際スタート

2015年6月に結婚し、2016年2月19日に第1子男児を出産した

 

●フライング休みで金欠

初めて出会ったとき、後藤は半年の

フライング出場停止中でカラオケ店でバイトしていた (44)

小学校6年生で原宿でスカウトされ、

グラビアを席巻するグラビアアイドル:久松郁実

 

●アイドル好き

10年以上の親友:リナによると

イクはアイドルが好きで、

カラオケに行くと良くアイドルの歌を歌っている

結構なりきって歌うため、声も高く手の動きが激しく、

たまにジュースをこぼす

AKB48やももいろクロZもアイドル全般、

中でもモーニング娘。が大好き

ひとりカラオケも

 

●お風呂には2時間入る

体型維持、汗を流して老廃物を外に出すため

お風呂に入りながら携帯をいじったり、映画やドラマを観ている

冬場は41~42℃、夏場は39~40℃で足から洗う

 

●部屋が汚い

母によると、郁実はとても頑張り屋で

お仕事はきっちりやるタイプですが、

家だと気が緩んでしまうのか、

いつも自分の部屋よりキレイな兄の部屋で過ごしています

イケメンの兄は、久松より顔が小さい

服は脱ぎっぱなし、飲んだペットボトルも置きっぱなし

 

●ポーズの研究

マネージャーの舟山によると

久松はとても真面目で勉強熱心、コンビに行くと

自分が出ていないライバルのグラビアをチェックするなど

絶えずポーズの研究をしています

男性目線、女性目線のどちらも研究対象としている

カメラマンを彼氏だと思って撮影に臨む (180)

ボーエン病に侵されたグラビアアイドル:梨木アリア

 

 

子宮頸がんの検診に行ったら「性病みたいのがある」と診断

「性病だから取れば大丈夫。とりあえず病理検査に出しとくね」

と医師から軽いノリで言われ、病院を後にした

 

すると病院から慌てて電話がかかってきた

「がんでした」と謝罪と宣告だった

 

梨木の性器に出来たがんは、ボーエン病

ボーエン病とは、皮膚や粘膜の表皮部分に生じる がん

 

梨木は現在、メスで電気切除しながら根治に向けて治療している (3477)

●元アイドル:川村ひかるは、ピルを飲みすぎて脳動脈瘤を発症

2007年、グラビアを卒業し、最近ではテレビで見かけなくなった川村ひかる

そんな川村に脳動脈瘤が見つかった

脳動脈瘤の一般的な原因は、高血圧、アルコール、喫煙など

しかし川村はどれにも該当していない

 

それは女性に身近なピルを飲んでいたことが原因だった

症状は、立っていられないほどの激しい頭痛

病院で脳動脈瘤と診断

「ピルを飲んでいますか?まれになのですが、ピルを飲むことによって脳動脈瘤を発症することがあります」

 

ピルには血液を固めやすくする性質がある

固まった血液が血栓となって脳血管障害を引き起こすリスクが高まる

 

川村は23歳の時に子宮内膜症を発症

以来、重い生理痛と仕事の忙しさから

5年間ほぼ毎日ピルを飲み続けていたという (2305)

スポンサード リンク