セレブ」タグアーカイブ

幼少期は実家が金持ちだったタレント:戸田れい

父は年商10億円のIT社長

当時の自家用車は、約550万円のデロリアン

お金も稼いでいたが、借金も8億円抱えていた

事業が芳しくなくなると、借金だけが残り、貧乏生活に変貌

テーブルも椅子もない、床で食事をすることに

 

●ウサギのエサ

小学校になると戸田は、自ら飼育員に

その狙いは、ウサギのエサであるキャベツ

ウサギにあげつつ、戸田も食べていた

 

●近所のネコの乳

近所のネコが道端で子猫に乳を与えていた

気になった戸田は、這いつくばって子猫と一緒に、その乳を飲んだという

牛乳より甘い、らしい

 

●保険の外交員だった母

営業成績のため自分にも多額の保険をかけていた母

そんな母の口癖は、「私が死んだらこの家にいっぱいお金が入る」だった

ある日、母に連れられ滅多に行くことがないファミレスに

戸田は子供ながらに最後の晩餐を感じていた

久し振りの外食だったのに味も感じない

ファミレスを出て駅に歩いていった途中、

店じまいをしていた焼き芋屋に出くわす

余ったお芋を「お嬢ちゃん これ持っていきな」と貰った

芋を貰った瞬間に母が死ぬと思い、涙があふれて来た

「お金がなくても食べ物には困らないよ!」と必死に母に訴えた

実は、母は死ぬわけではなく、

保険の契約が決まったお祝いでファミレスに行っただけだった

 

●ランドセルが買えず、斜めがけバッグで登校

「何で れいは、ランドセルじゃないの?」と聞かれると

6年間 背負うランドセルは体質に合わなく脇がただれてしまうと、言い訳を通した

 

●エンジェルブルー

流行っていたブランド:エンジェルブルー

昔 1着だけ買ってもらったエンジェルブルーのタグを、他の洋服に縫いつけ回ししていた

 

●10円のマルカワのフーセンガム

1度噛んだガムを指に絡め取り、窓の外の手すりに置く

次の日に食べると甘みが復活するという

 

●イチゴだと思ってジャンボタニシの卵を食べていた

用水路にあるイチゴのような物体を姉から「イチゴだよ」と言われ食べた

イチゴの味ではなかったが、毎日のように食べていたという

 

●芸能人だけと給料はゼロ

そんな戸田は、現在、フランス料理店の厨房でバイトをしている

バイトしていることを誰にも話していない

フランス料理店のバイトは8年続いている

芸能の仕事がないのが恥ずかしく、毎朝、ツイッターに

“おはようございます。今から仕事行ってきます”と呟いている

いつもスタバを飲んでいるツイートしているが、

無理して買っているので、ほぼ空になった容器を1日中持ち歩いて撮影している

家で淹れたインスタントコーヒーをスタバの容器に入れて持ち歩くことも

(1906)

スポンサード リンク

ドラマやバラエティで活躍するタレント:山地まり

生まれたときには、すでに父がいなかった

父はどこかの会社の社長

子を育てる母も自営業

会ったことがない父の援助と母のおかげで

山地は、青山に住む裕福な生活を送っていた

しかしそのうち経営が傾きはじめ、

山地が中学2年生とき、自宅に帰ると真っ暗だった

母は暗闇で佇んでいる

「ごめん、水道も電気もガスも止まっちゃった」

家中の小銭を集めて、電気代を払いに行ったという

 

・トイレで弁当

周りを見渡すと友人のお弁当は色鮮やかな可愛らしいお弁当

一方、山地は透明のタッパーにご飯、ウインナーと卵焼きと質素だった

恥ずかしくて友人と一緒にお弁当食べられず、トイレで一人食べていた

(30)

大食いアイドル:もえのあずき

アイドルグループ:バクステ外神田一丁目に所属

その特技は大食い、元祖!大食い王決定戦でラーメン20杯を完食し優勝

身長:157㎝、体重:44㎏とかなり華奢だが、

わんこそば400杯、寿司は175貫、1.5㎏のデカ盛りラーメン…

「お腹の中に王子様がいて一緒に食べてくれる」らしい

 

食事は1日4食、好きな食べ物はフランス料理、焼き肉、大トロなど

 

父は医療系会社の社長

実家で暮らしてた頃は、毎年 海外旅行に出かけ、

年末年始も海外で過ごすのが定番だった

大学時代にカナダのトロントで1年間の留学経験がある

 

大学生の時にテニスサークルの合宿の幹事を任せられた時、

もえあずは、合宿所を貸し切った100人分の宿泊費を全額払ったという

 

回転寿司、牛丼屋にはアイドルになるまで入ったことがなかった

高級レストランやクルーザー、リムジンを貸し切ったパーティなど

未だにセレブ感覚が抜けていない

 

大食いをキッカケに、アイドルグループでも存在感が増している

(328)

スポンサード リンク