Tag Archives: 小説家

2004年、36歳で小説家デビューを果たした作家:宮下奈都

「羊と鋼の森」で2016年に本屋大賞を受賞

現在、高校3年生の長男~中学1年生の長女までの3児の母

 

●しらすが柴犬に見える

飼っている白い芝犬:ワンさぶ子が可愛く、

白く可愛い物を見ると柴犬に見えてしまう

特に、しらすのように白くて目がクリッとした物を見ると、柴犬に見える

目が合うと愛犬に見えてしまい、食べにくくなる

 

●小説を書くと快感を得られる

自ら書いた第一稿を直して、何度でも直す、その作業が好き、それが喜び

「明日もまた直せると思うと夜寝るのが楽しい」

 

●「羊と鋼の森」のきっかけ

自宅に来たピアノ調律師に「このピアノ大丈夫ですか?」と聞くと

「大丈夫ですよ。中にいい羊がいますから」と言ったのがきっかけ

 

●ザ・ハイロウズの大ファン

ザ・ブルーハーツの頃からのファン

出産のときもブルーハーツのアルバム「DUGOUT」をかけていたほど

流しっぱなしだったので、

どうしても甲本ヒロトと真島昌利ではない人が歌っている曲が来る

そのタイミングで産むのを拒んだ

3児のうち1名は、キング・オブ・ルーキーで産まれた (51)

スポンサード リンク

これまで読んだ小説は2000冊以上

立教大学で本に関する講義を開くほどの読書家

 

●作家:ピース又吉 先生の快挙

 

2015年、文芸誌 文學界で純文学「火花」を発表

 

主人公の若手芸人:徳永と彼が天才と慕う

先輩芸人:神谷の栄光と挫折を描いた話

 

文藝局次長:大川繁樹によると

人間の悲しみと笑いが、そこに同時に

存在する巧みさ、狙いの複雑さ、本当にスゴイ

 

雑誌創刊以来の初の増刷を記録、わずか2ヵ月で単行本化

初版はデビュー作としては異例の15万部

 

●芥川賞を受賞

 

●太宰治

一番好きなのが、太宰治、携帯の待ち受けも太宰治

休日は決まって太宰ゆかりの地へ

 

●ファッション

暇があれば下北沢の古着屋をまわる

 

●父方の祖母はユタ、母方の祖母も奄美の祈祷師

 

●距離感がおかしい女が苦手

小説を書いて色んな取材を受けるようになった

みな丁寧なのだが、たまに距離感が不思議な女が存在する

初対面で「今どこに住んでんの?」から質問が始まった

「えっ?引っ越した?三鷹じゃなかったっけ?」

怖いなと思い、距離を保っていた

「撮られながら質問されるの嫌?」

この人は嫌いやと思い、心を閉じた

 

●小説家:西加奈子

ピース又吉が開催している太宰ナイトの第1回ゲスト

その際に西から短編集の帯を書いてくれとお願いしした

当時、テレビに全く出ていなかった又吉は、

「僕が帯を書いても「じゃぁ読むか」ってなる人は1人もいないんで」

と断ったが、押し切られて書くことに

西加奈子「炎上する君」の帯「読者として僕を満足させながら芸人としての僕を不安にさせる」

西によると「絶対 彼は後々、帯の言葉めちゃくちゃ依頼される人になる。最初の帯のコメントが欲しい」と思ったという

 

1980年、大阪府寝屋川市に生まれた

小さい頃からお笑いが好きだったが、

小学校でサッカーをはじめると、メキメキと上達

高校はサッカーの名門校:北陽高校に進学

大阪代表としてインターハイに出場したほど

サッカーに青春時代の全てを捧げてきた又吉

お笑い芸人になりたいと友人に相談できるはずもなく

18歳になると地元 大阪ではなく東京の吉本お笑い養成所に入学した

又吉は幼馴染と線香花火、綾部も幼馴染とスキルトリックを結成

綾部のスキルトリックは養成所卒業後、わずか3ヵ月で解散

舞台の裏方スタッフとして働きながらピン芸人としてお笑いを続けていた

順調なスタートを切った又吉だったが、コンビ結成3年後、

芳香性の違いが原因で線香花火を解散することに…

又吉はこのことを同期で一番仲が良くコンビ解散を経験していた綾部に相談

「芸人を辞めて京都で出家しようと考えている」「えっ!?出家?」

すると綾部は「お坊さんなってどうするんだ?絶対芸人辞めない方がいいって。ちょうど俺も一人だし一緒にやってみないか?」

2003年、ピースを結成した (329)

スポンサード リンク