白幡いちほ」タグアーカイブ

最終未来兵器mofuのメンバーで、

ライブやイベントの司会、写真撮影会などの活動をしている白幡いちほ

 

 

白幡が住んでいるのは、東京の2DKマンション

母親は、娘の生活を心配して週に1、2度泊まる

リビングの床にはゴミが散乱、何とか導線だけは母親が掃除している

積み上がった雑誌も「そのままにしておいて自分でやるから」と拒絶

 

漫画やアニメが大好きで趣味はコスプレ

散乱している衣類のほとんどが、コスプレの衣装

 

部屋の床は、全く見えない

食べかけのコンビニ弁当、コスプレ衣装、ゴミ袋、

発酵して膨らんだ飲みかけのペットボトル…

 

そんな白幡のある日の1日…

・午後1時に起床、部屋の隅にある一角に寝るスペースを確保

床から飲み物を探し始める

飲む前に臭いを嗅いでチェック

遅めの昼食はコンビニ弁当、

ゴミの中からマヨネーズを探し出し、たっぷりと弁当にかけて食す

食べ終わった弁当は、コンビニの袋に入れて、そのまま部屋に放置

・午後3時、外出

秋葉原のカラオケボックスでコスプレ仲間と歌いまくり、帰宅は深夜に

 

母:白幡加奈子さんは、娘の部屋がゴミ屋敷で悩んでいる

何度か掃除をしようと試みるが、

「大事なモノがあるから触られると困る」と断られる

 

白幡がモノを捨てられなくなった理由は、

小学校の時、大切にしていたマンガを捨てられた…

それをキッカケに母に心を閉ざすようになった

母への反抗心からゴミを捨てるのを拒むようになり、

それがいつしか習慣になってしまった

(891)

スポンサード リンク
スポンサード リンク