高畑充希」タグアーカイブ

中学生の頃、校則に縛られるのが嫌だった高畑は、

ある日、ささやかな抵抗で、

あえてスカートを短くして登校

すると

「高畑!スカート短すぎる!直しなさい!」と先生から怒鳴られ、

校則に縛られたくない思いから走って逃げた

先生が追いかけてきたため、校舎の1階から3階まで逃げ続けた

 

高校生になるとミュージカル「ピーターパン」の主演を務め、

多忙な日々に

そのため授業中によく居眠りをして先生に怒られていた

ヒドイ時は、朝 登校してすぐに熟睡、

目が覚めると放課後だったことも

(30)

スポンサード リンク

1991年に東大阪に生まれ、両親 祖父母 5人家族の一人っ子

幼い頃から一つの事に集中すると周りが見えなくなる性格

学校で読書を始めると気付けば外は真っ暗

8歳の頃、ミュージカル ピーターパンに出会う

演劇が好きな両親に色んな舞台に連れて行ってもらっていた

すっかり舞台の世界に夢中になっていった

私も舞台に立ちたいを思うように…

 

●挫折

まずは芸能事務所のオーディションを片っ端から受けるが、全て落選

舞台のオーディションも手当たり次第受けるが落選

ついには東京にまで行きオーディションを受けるが、落選

その後も諦めずにオーディションを受け続け、その数 数十回

それでも役者になりたいと別の目標を定める

それは早稲田大学の演劇研究会

早稲田に入ればプロに近付けると思い、

小学生の頃から塾に通い猛勉強を開始

その努力が実り、大阪の名門中学に合格

 

●キッカケ

中学2年生の時、山口百恵の楽曲で

構成されるミュージカルのオーディションに応募

応募総数9621人の中から一次審査、

二次審査を通過し、最終審査に挑む11人に選出

2週間の合宿に参加、そしてグランプリに選ばれた

どんなに挫折しても信念を曲げず、

前だけを向き続け、その夢をついに叶えた

この舞台は評判を呼び、その後数々の舞台をこなしていく

そして15歳の時、子供の頃に夢中になったピーターパンの主役に抜擢される

8代目 ピーターパンとして6年間 主役を務めた

2007年、歌手デビュー

中学卒業後は親元を離れ、東京で寮生活を始めた

2014年、NHK「ごちそうさん」に出演が決まり、ブレイクした

 

●高校時代

高校時代の友人:阪本奈津美さんによると

女子高特有の後輩の女子から

廊下や窓越しにキャーキャー言われる事は

日常茶飯事だったが、男っ気は一切なかった

かなりのファザコンで毎年バレンタインには

手作りのチョコを父にプレゼントしていた

高校時代の友人:古橋佳子さんによると

授業中も休み時間もずっと寝ていて

終礼の挨拶で起こされてる充希の印象しかありません

 

●おじさん

映画「女子ーズ」で共演して以来、仲良くなった女優:有村架純によると

2人で会う時、関西弁

普段はご飯を食べに行ったり、家に遊び行ったり…

ワカメチップを食べる高畑の姿が、おじさんに見えた

メールに絵文字が無く、「!」と「。」だけ

 

俳優:古田新太によると

落ち着いている高畑の成熟度が、お姉さんを越えておじさん

動じない、舞台上でセリフをミスっても「今ミスりましたけど何か?」な感じ

 

●恋愛事情

好きなタイプ:自分が濃いめの顔なので塩顔(アッサリ顔)

一緒にご飯食べてお酒 飲んで面白い人

彼と仕事の話は一切したくない

高校時代の友人:阪本奈津美さんによると

好きな男性には背局的にアプローチして恋人の前だとかなり甘えん坊

にゃんにゃんキャラになる

 

●趣味は古着漁り

服が大好きで古着屋をまわり漁っている

 

●お尻が長い

腰からお尻までが長く、服選びに苦労しているという

(830)

スポンサード リンク