俳優:瀬戸康史と妹:瀬戸さおりの微妙な関係

●俳優になったきっかけ

瀬戸を最も俳優にしたかったのは、母親

介護の仕事をしている母親は、元々芸能界に憧れていた

それが叶わず、瀬戸に夢を委ねた

獣医を目指すほど成績が良かった瀬戸だったが、

現在の事務所のオーディションに合格し、

高校を辞めて上京する瀬戸を後押しした

妹で優香似の瀬戸さおりは、女優として活動している

 

●反抗期がなかった温和な瀬戸の怒り

中学2年生のときに初めて彼女ができ、高校1年生のときにフラれた

勉強と部活を真面目にやっていたら急に連絡が取れなくなった

どこにぶつけたらいいのかモヤモヤが、部屋の壁に穴をあけた

 

●末っ子の妹を溺愛

妹は2人、年子の瀬戸さおりより、

4つ下の瀬戸ありさを可愛がっている

 

瀬戸さおりから相談を受けることは無く微妙な関係が続いている

 

●兄のような存在の俳優:高橋一生

舞台で兄弟の役で共演、もちろん高橋は兄役だった

稲川淳二のホラーナイトを一緒に観に行ったり、

プライベートでも仲良くしている

 

●霊感が強い

母親も霊感が強く、白い靄の人影が見える

その靄を亡くなった祖父だと感じるほど (102)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク