シンガーソングライター:高橋優のデビューのきっかけ

秋田出身の高橋は、大学進学のため北海道に

当時は、路上ライブが流行っていた

札幌市の狸小路商店街のシャッターが閉まった店の前で

ギターを弾きながらギターを歌っていた

 

ミュージックショップ音楽処の店長:石川さんは、

ストリートで活動する高橋に声をかけ、

閉店後の店でライブ会場として提供してくれた

 

札幌の無名時代に発売したアルバム「無言の暴力」

あと何年 路上で歌え続ければいいのか?

精神的に追い詰められていた、

そんな時代に制作したアルバムだった

 

バイトで稼いだお金は、全て音楽に注いだ

お金が無くてティッシュを食べたことも

 

一度、イケメン2名に誘われて、

カルフォルニアキッドというユニットを組んだことも

バンドを組みたかったが、3人ともアコースティックギターだった

 

●デビューのきっかけ

小さなライブハウスで注目の新人が

ライブをするのでアミューズの山口さんが見に来る

前座を務める人が風邪で出られなくなったので

高橋が代わりを務めることに (77)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク