Category Archives: あの芸能人の過去

1990年代の伝説のロックバンド

4年間でCD売り上げ枚数が、1700万枚

驚異的なセールスを記録

デビューから4年経った1995年、突然の活動休止

 

その原因は、ボーカル森友嵐士を襲った原因不明の発声障害

 

ヒドイときは「あ」が言えないほど

歌声を取り戻すリハビリ生活に入った

ボイストレーナーから

「楽しいことをしたほうが良い」と薦められ、趣味の釣りに没頭

自宅も東京から富士山のふもとに転居

千曲川で45㎝のイワナを釣った翌日、声が出たという

 

そして2017年に歌声は復活した (3)

スポンサード リンク

●芸名の倖田來未は自分で決めた

本名は神田來未子(こうだくみこ)

神田が「かんだ」と読んでしまうことから変えるように

「子」はダサいから、「無しで」と言われた

母に相談したところ、人を幸せにする「倖田」に変更した

 

●カップヌードルがやめられない

カップヌードルのシーフードヌードルの汁少なめのバリカタ

2分くらいで崩しながら食べる

ミュージックビデオの収録が終わったなど頑張った後のご褒美

 

●家族

母は元美容部員で琴の先生、祖父が尺八の先生、祖母は詩吟、和に囲まれて育つ

父は10tダンプの運転手で、建材会社を立ち上げた社長

めちゃくちゃ優しく、怒ったところを見たことがない

自宅には、ダンプが何台も並んでいた

父が早朝から働く仕事だったため、家族全員 夜8時消灯

母は産後の倖田來未のダイエットのためにエステサロンを経営 (5)

小さい頃、勉強もできて絵の才能もあり、

地元熊本では、天才と呼ばれていた

 

しかし小学2年生、自転車で走っているとき、

前から来た車を避けた際に、谷に落ち、気絶したところを発見された

頭には大きなたんこぶ

 

街で一番大きな病院に行くと断られ、

群で一番大きな病院に連れて行かれたが断られ、

熊本県で一番の大きな病院でも断られ、

九州で一番大きな病院でようやくCTスキャンを撮ることができた

 

すると頭蓋骨が凹んでいることが判明

凹みが1㎝以上だったら手術が必要だったが、調べると9mmだった

手術は必要なしと診断

 

その日から成績も悪くなり絵も下手になった (31)

ABC朝日放送の局アナ時代には、自分だけの控室が用意され、

衣装、ヘアメイクもあり待遇も完璧だった

何より仕事が途切れることはなかった

フリーアナウンサーに転身すると、そのすべてを失い、暇な毎日

フリーになって初めての仕事が、三又又三のイベントMC

 

堀いわく「道を誤った」と悔やむ日々が続く

 

5年で朝日放送辞め、

セント・フォースに所属した1年半は、まったく仕事がなかった

そこでオフィス北野に移籍して4年経つ

 

収入は極端、良い時は良いが、収入がゼロの時も

ちなみに2017年6月の収入はゼロだったという (25)

●ミュージカルは、舞台に立つまで見たことがなかった

初めて見たのは、2003年 大学を卒業してから

 

●喉の内視鏡

耳鼻科で喉の声帯を頻繁にチェックしている

内視鏡の画像をアルバムに入れて保存している

ミュージカルの本番中は、毎日 行っている

 

●せっかち

エレベーターでは、コントロールパネルの前に立ち、

閉まるボタンを押してから、階数ボタンを押す

 

●田舎育ち

卵と鶏肉は、スーパーではなく養鶏場で購入

小学校まで歩いて45分、ひたすら野花の蜜を吸っていた

コンビニを見たことがなかった

お菓子は、すべて母の手作り

 

●バンコクでカラオケを初体験

毎週末、家族でカラオケに行き、7時間滞在していた

友人とカラオケ行ったら、あの歌うたって、この曲歌ってと喜んでくれた

歌うと喜んでくれることから歌手になりたいと思うように

 

1980年、愛知県の超ド田舎 祖父江町に生まれる

顔は父親似、性格は母親似

父の仕事は、エレベーターの設計開発者

作業事務をしている母親は、ママさんコーラスに在籍し、ずっと鼻歌を歌っていた

 

姉の影響で、3歳からピアノを習い始めたが、

落ち着きがなくピアノの前でジッとしていられないと、

先生に呼び出されて歌やダンスを薦められた

 

1991年、11歳のとき、母から突然「バンコクに引っ越すわよ」と宣告

父の海外赴任で突然 バンコクに行くことに

両想いだった同級生と体育館で2人だけでお別れ

バンコクでは都会の高層マンション暮らし、15階に住んでいた

田舎の小学校からインターナショナルスクールに転校

クラスはなく大学と同じ 授業の選択制

外国の友達に囲まれ、性格が積極的に

 

17歳でバンドを組み、相川七瀬などのJ-popをカバー

日本の雑誌で読んだセブンイレブンの牛カルビ弁当がきっかけで、日本に帰りたくなり帰国

 

帰国後、1999年 上智大学法学部に帰国子女枠で小論文と面接で入学

本格的に歌手を目指し、芸能事務所に所属

デモテープを作り、2年間の営業活動の結果、成果なく

 

2001年、テレビ朝日のアナウンサーの試験を受験

最終のカメラテストに合格し最終面接で不合格

中越典子が辞めた枠の「王様のブランチ」のリポーターに抜擢

 

●ミュージカル女優になるきっかけ

2003年、23歳のとき、突然 ミュージカルのオーディションを受けてくださいと依頼が入った

受けてみたら役に合格

後に聞いたら、自分をプレゼンする大学の授業で、3秒だけ口ずさんだ歌声

それを覚えていた学年も違う女性が、

2年後に、レ・ミゼラブルのオーディション枠に推薦してくれたことを知った (20)

スポンサード リンク