フィリピンで生き別れた ざわちんの姉

●フィリピンで生き別れた ざわちんの姉

 

1988年、母が18歳の時、現地の男性との間に子供を授かった

この時に生まれたのが、ざわちんの姉にあたるチャイさん

 

しかし若すぎる2人は、周囲から結婚を反対され、

母はシングルマザーに

生活費を稼ぐため学校を辞め、両親にチャイを預け、働きに出た

 

日本で働き始めた母は、がむしゃらに働き稼いだお金を母国に送る日々

そんな中、日本人男性と出会い結婚、ざわちんが生まれた

 

その後、結婚生活はうまくいかず、

ざわちんもフィリピンの両親に預け、日本で働くことに

それから3年間、祖父母に面倒を見てもらいフィリピンで姉と暮らした

 

1998年、ざわちんが6歳になった時、

母はざわちんだけを日本へ引き取った

姉は国籍が日本ではないため、

フィリピンに残し、姉妹は離れ離れに

(183)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク