生活の全てを占いの指示に従い生きているゲッターズ飯田

最強の覆面占い師:ゲッターズ飯田の生態

 

●占いに支配された異常な私生活

生活の全てを占いの指示に従い生きているという

自分の意志でご飯を食べていない、

自分の意志でモノも買っていない、という

・占いに出てるから テレビに出演する時だけマスクを着けている

服のチョイスも占いで出た色を選んでいる

だがトレードマークのハンチング帽を被っているのは、剥げて頭が寒いから

・朝8時を過ぎたらブログやメールをする占いの決まりがある

・買い物をしていい運気の日に大量購入

・カレーを食べると運気が上がる星を持っている

 

●占い師になったキッカケ

1975年、静岡県で生まれた

名古屋の大学に進学後、お笑い芸人:プレゼントというコンビを結成

そんな頃に60歳過ぎの占い師:千川さんに出会う

彼女の占い方はノートに名前を書かせるだけ

「左手に神を降ろします」と手をかざしているだけなのに

飯田の住んでいる自宅の様子を言い当てられた

「本棚があります。赤い本が倒れているから立てといて」

そう言われた飯田は自宅に帰って、

本棚を確かめてみると本当に赤い本が倒れていた

「あなたは東京に行きます。桜が咲いている頃にご飯が食べられる様になる。9月に会った人を大事にしなさい」とも言われた

その後、飯田は本当に上京

占い師の話を忘れかけた頃、

プロデューサーから電話で帯番組のレギュラー出演のオファーがきた

喜んでカーテンを開けてみると桜が満開だった

思い出してみると、その仕事をオファーしてくれたプロデューサーを

紹介してくれた作家さんとは前の年の9月に出会っていた

千川さんとの出会いを機に占いに興味を持った飯田は、

様々な占い師の元を訪れ、独学で占いを学んだ

そして26歳の時に占い師になる事を決断した

 

●ゲッターズ飯田の占術

まず生年月日と名前を書かせ手相を見るだけ

そして数秒後には相手の性格や性癖まで言い当てる

西洋占星術や四柱推命など計13種類の占いを同時に行う

それぞれの占術の共通して当たる部分を抽出する統計学的な占い

さらに「手相を見せてください」で

差し出した手や指の間隔が狭い人は、閉鎖的な警戒心が強い性格

逆に広い人は、オープンで社交的な性格

心理学や行動学も利用して占っている

最大の特徴は、データ収集のため常に無償で占うこと

そうして集めたデータをノートに書き留めた結果…ノートは5000冊に達した

占った人数は4万5000人

飯田いわく「5000人までは当たらなかった。5000人超えたら当たるようになり、2万人超えたら完全に外れないようになった」

 

●金持ちの男の見極め方

飯田によると、成功者を分析すると共通点がある事が分かったという

1、リビングにティッシュをそのまま置かない

2、財布の値段で男の年収が分かる

飯田の統計によると、財布の値段の200倍が男の年収

3、金持ちの好きな食べ物は うどん

礼儀正しい真面目な人が好きな食べ物は 白い食べ物

うどん好きは面倒見が良い経営者タイプ

自分がなりたいと思った人のマネをどれだけすかが成功の一番の近道

 

●玉の輿に乗る女性の法則

1、チョコを食べる

2、服はオレンジ色かピンク色

3、胸元が開いた服を着たらモテる

4、2015年は花柄が良い→金運の良い男性が花柄の女性を選びやすい

 

●ゲッターズ飯田オススメのパワースポット

(4267)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク