シャーロット・ケイト・フォックスのシンデレラストーリー

NHK連続テレビ小説「マッサン」で妻のエリー役に抜擢

 

●エリー役に抜擢されたきっかけ

アメリカの雑誌に載っていた「マッサン」のオーディション広告を見た

アメリカでウェイトレスをしていたシャーロットは、

日本語も全く分からない状態で応募し、見事、ヒロインに抜擢された

毎日 毎日 勉強し、日本語は日常会話に困らないくらいまで上達した

 

●スリムなのに力持ち

ドラマで共演した濱田マリによると

撮影で濱田が1週間ぶりに現場に行き、シャーロットとハグをすると

そのまま濱田を持ち上げてグルグルと回してくる

 

●日本食

焼肉、しゃぶしゃぶ、寿司、天ぷらなど何でもOK

最も好きなのが、餃子

まだ納豆は挑戦していない

 

アメリカ・サンタフェ芸術大学の演劇ダンス専攻でBFA(学士)を取得したのち、

ノーザンイリノイ大学で演劇専攻のMFA(修士)を修了、

その後演劇スクールのステラ・アドラー・スタジオNYなどで演技とダンスを学ぶ

女優としては舞台や独立系の映画を中心に出演しキャリアを積んだ

小学校の時に退学処分を受けて転校したことも

(218)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク