名言を生むスピードワゴン小沢の生態

1995年に名古屋よしもとでデビューした小沢一敬

同期には徳井、ブラマヨ、次長課長という黄金世代

ホリプロコムに移籍後、1998年スピードワゴンを結成

「あま~い」で大ブレイク

 

●変人すぎるスピードワゴン:小沢一敬の生態

 

・基本的には優しいのにシャイなので初対面には心を閉ざす

仲が良い徳井義実によると

ある誕生会で、小沢をチラッと見た人が、

カラオケを入れようとすると、「止めてよー!」と突然 スイッチが入る

 

・キレる理由が分からない

正月 旅行によく行く東京ダイナマイト:松田大輔によると

自分らで料理をして正月を過ごした

夜食の材料を買いにスーパーに「何でも買っていいよ」

ポテトチップなどみんなで食べるものを選んで購入すると

「このゼリーは誰が食べるの?」と突然キレだした

「ゼリーなんて食い物じゃないだろ!」

 

・話の腰を折りまくる

最近 良く飲む品川祐によると、宮迫の話を始めたところ

「最近会ってないなあ。元気だった?あっゴメンゴメン何?」

「珍しく落ち込んでいて元気がなかった…」

「えっ!元気なかったんじゃん。どうしよLINEしよ。ゴメンゴメン何?」

「その日、宮迫さんがVネックを着て…」

「あのVネックのTシャツね。どこで買ったんだろう?ゴメンね、でっ何?」

 

・訳の分からないLINEが来る

11月27日の夜に突然、徳井に小沢からLINEでメッセージが

“信じられる?来週には、もう12月なんだぜ”

品川が財布を落として奢ってもらおうと小沢にLINEでメッセージを送ると

“うそ、俺も”と返ってきた

 

・小学校4年生まで時間を止めれた

時間を止める事が出来たのでケンカで負けたことがない

しかし時間を止めれるんだと思った日から止められなくなった

 

・感情移入しやすく涙もろい

流れ星:ちゅうえいの結婚式、奥さんの友人のスピーチ

小沢とは何の繋がりもない新婦と友人のエピソードで号泣

超新熟:タイガーの結婚式では、タイガーが入場する前から号泣

 

・人をフルネームで呼ぶ

人を褒めがちな小沢は、何かに付けてナレーション風に人をフルネームで呼ぶ

「俺の同期はさぁ みんな凄い奴ばかりさ。同期中で一番優しい奴、それが徳井義実」

 

・誰もいない自宅で音楽を流している

2万曲の音楽をシャッフルで流して、家に帰った時に

どんな曲で出迎えてくれるか?が楽しみ

 

・形ないモノに気を遣う

「時間はどうやって潰してる?こんなこと言っちゃ時間に失礼か」

歌は上手いんですか?の質問に「歌は下手なの。だから音楽には片想い」

焦げた肉を見て「肉に可哀想なことしちゃった。でもそれは俺のエゴか」

 

・1年中 海に行きたい「でもホント海は好き」

東京ダイナマイト:松田と小沢が、宮迫の飲みの席に向かっている時

「今年 海に行けなかったな。あっ大輔、今から海に行こうよ」

「何言ってるんすか?宮迫さん待ってますよ」

「俺達 大人になっちまったな…チェ」

 

・小沢の名言

 

クリスマスの時

「イエスの生まれた日にノーは言わせない」

 

年齢を聞かれた時

「年齢 気にするのワインだけでよくない?」

 

漫才とは?「漫才ってさ、ジャズなんだよね」

 

後輩の仕事の相談

「やり方は三つある。一つ目は正しいやり方。二つ目は間違ったやり方。三つ目はお前のやり方」

 

合コンで女子に「ねぇ口座番号教えてよ」「何で?」

「出演料振り込んどくからさ。今晩 俺の夢に出てくると思うから」

 

「一人でいたくない。夜に押しつぶされそうになる」

 

悪い事忘れるんですか?

「うん忘れちゃう。でも良い事も忘れちゃうから、良し悪し」

 

さりげなく小沢が支払った合コンで

「オシッコしに行った時、聞いたら1万人目のお客さんでタダだった」

 

「ヨダレはね 人間の作れる一番小さな海だよ」

 

「みんな忘れているんですよ。自分が自分っていう映画の主人公であることを」

 

・好きなカラオケバー:BAN×KARA

どこで食事していても「次さBAN×KARA行かない?」と言ってくる

カラオケと一緒にバックなバンドが生演奏してくれる

THE BLUE HEARTSの「♪青空」は、小沢がギターを弾く

 

・元彼女:Aさんのよると

基本的に寝ている時を含めて1日中、音楽を流している

たまに音楽に負けて何を言ってるのか聞き取れない

2人でご飯を食べに行っても絶対に本を読んでいる

初デートでも読み始めてビックリした

キスが苦手らしく、その理由が「異物が入ってくるのが耐えられない」から

「異物」呼ばわりされたのが、悲しかったという

 

●解散危機

1972年、愛知県小牧市生まれた井戸田は、

父は小牧市議会の副議長でお坊ちゃん

小学の卒業文集に、特技を漫才と書くほどお笑いが大好きだった

一度は工場に就職したものの高校の同級生に誘われ、

名護屋の吉本お笑い養成所に入った

1973年、愛知県知多市生まれた小沢は、貧乏だった

ご馳走といえばご飯にバターを乗せ醤油をかけた「バターご飯」だった

小学生の頃の趣味は手芸

フェルト生地でケーキを作って女の子にプレゼントしていた

少女漫画や小説を読み漁り、ロマンチックなことを毎日妄想していた

特にやりたいこともなく20歳を迎えた小沢は、

幼なじみに誘われ、お笑い芸人を目指す

井戸田と同じ 吉本お笑い養成所に入った

しかしその数年後、お互いに相方が芸人を辞めてしまい、コンビ解散

そこで井戸田は、新たな相方として小沢に声をかけた

1998年、スピードワゴンを結成

2002年、M-1グランプリの決勝に進出

2005年、井戸田が安達祐実と結婚、長女が誕生

「あま~い」ブームも過ぎ去り人気が下降

2009年、井戸田が離婚

小沢が小説執筆を依頼され、専念するため漫才の活動をセーブ

するとスピードワゴンとして活動が激減し、仕事が減少

いつ解散してもおかしくない状況の陥った

そんな時に、井戸田がピン芸人として活動する為に作った「ハンバーグ師匠」を生み出す

さらに独特な世界観を持つ小沢の変態ぶりが人気を集め、脚光を浴びる

(1029)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク