165億円で引き抜かれたソフトバンク:ニケシュ・アローラ氏とは?

●165億円で引き抜かれたソフトバンク:ニケシュ・アローラ氏とは?

 

出身はインドのウッタルプラデーシュ州の工業地帯

 

・経歴

1989年、インドで一番頭の良い工科大学を卒業

21歳で渡米し、ボストン大学で理学修士号、

ノースイースタン州立大学でMBAを取得

2000年、ドイツ通信大手「T-モバイル」の参加で最高営業責任者を務める

2004年、Googleに入社

2009年、Googleのマーケティングの最高責任者を務める

Google時代の年俸は40~60億円

 

・趣味はゴルフ

タイガー・ウッズとラウンドを回り、スコアで勝ったことも

 

・10歳年下の妻:アイシャ・タパールさんはインドの財閥の令嬢

結婚式には、ブラット・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻、

マーク・ザッカーバーグも出席したという

 

・ソフトバンク孫正義との出会い

2010年、Yahoo!の検索システムをGoogleに切り替える際、2人は出会った

初対面で孫さんはニケシュ氏を頭が切れる、交渉相手としては手ごわい相手だと感じた

この時に、ニケシュ氏をソフトバンクに欲しいと思ったという

2人でゴルフをラウンドした後に、ソフトバンクに来てくださいとオファーした

ニケシュ氏は「Googleへの愛着があるので行くことはできない」と断った

しかし孫さんは「Let’s try!」

 

ヘッドハンティングの交渉は4年に及び、

2014年9月、ソフトバンクの幹部としてニケシュ氏が加わった

ロサンゼルスの日本食レストランで孫さんから

報酬などの条件が手書きされた紙ナプキンを手渡され、移籍を決めたという

 

2015年5月、副社長に就任

 

3月までの報酬が165億円に上り、孫さんの後継者の筆頭となった

(179)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク