あの競走馬 ハルウララは今…マーサファームで余生を過ごしている

競馬史上まれにみる113連敗という記録を樹立した競走馬 ハルウララ

 

負けても負けても走り続ける姿が観客の心を掴み、

平均入場者数700人という高知競馬場に1万3千人のファンが集まった事も

そんなハルウララの馬券は、絶対に当たらないと交通安全のお守りになったほど

2006年、競走馬の登録を抹消、1勝もあげないまま引退

 

注目度の高さから繁殖、ホースセラピーなどの

事業が計画され、全国の牧場を転々とした

しかしどの計画も実現せず、ついには消息不明に…

 

競走馬の多くは引退後、殺処分される

●あの競走馬 ハルウララは今…マーサファームで余生を過ごしている

 

千葉県御宿にある預託牧場:マーサファーム

月8万円の預託料で馬を預かり飼育管理する

 

ハルウララの馬主は、預けて半年後 所有権を放棄、預託料が途絶えた

預託料がなければ育て続けるのは経営的に難しい

 

飼育員:宮原優子は、殺処分も考えたという

 

しかし、またこの馬を裏切ってしまうのか…と

1口3000円の寄付を募り、飼育費を支援してもらう春うららの会を立ち上げた

 

すると募集と同時に寄付金が殺到し、100通以上のファンレターまで届いた

ハルウララは今、穏やかな余生を送っている (396)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク