ビートたけしが♪浅草キッドに込めた想い

●ビートたけしの名曲「♪浅草キッド」

歌の舞台となった1970年代、多くの仲間たちが芸人を辞めていった

 

その一人が、フランス座の後輩芸人カーキー

たけしとコンビを組んだカーキーは、たけしの才能に打ち負かされ、心を病んだ

コンビは解散し、カーキーは自宅の2階から飛び降りた

一命はとりとめたものの芸人の道を諦めた

 

「たけちゃん、オレ芸人辞めるわ。嫁と子供もいるし」

「そんなこと言うなよ」「芸人で売れるのが夢だったけど もう諦めるよ」

「たけちゃんは浅草を代表する芸人だ。俺らの分も頑張ってくれよ」

胸が締め付けられる思いを「♪浅草キッド」に込めた

歌い出しにあるお前は、ビートきよしではなく、カーキーである

たけしは多くの人の夢を背負っている

 

●1983年に放送が始まった「スーパーJOCKEY」

弟子たちが全力で体を張り、笑いをとる

その収録でのこと、セットから釘が飛び出しているのを発見

「おい!プロデューサーとディレクター 全員集めろ!」

普段 怒らない たけしが叫んだ

「これは何だ!危ねぇじゃねぇか!これでうちの若いもんが怪我したらどうしてくれるんだ!」

「すみません」

「こいつらはな、特別芸があるワケでもないし体張るしかないんだよ。楽屋の弁当がマズイとか そんなのどうだっていい!怪我させたら仕事できねぇんだ!それだけは絶対許さねぇからな!」

後にも先にも たけしがスタッフにキレたのは、この時だけ

そしてガダルカナル・タカに こう言った

「俺があいつらに気を遣ってやれるのはさ。このくらいしかないからね」

(432)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク