脳科学者:中野信子のカツラの下は金髪だった

天才脳科学者:中野信子の生態

 

東大工学部を卒業、人類の上位2%のみが入会できるMEBSAのメンバー

ホンマでっか!?TVなどテレビ番組でも活躍している

 

そんな中野先生の生態は、やはり変わっている

 

・虫入りの琥珀、オパール化した骨など見るのが好き

 

・オンはカツラ、オフは金髪

実は、カツラの下は金髪

金髪だと先生っぽくないので、いつものカツラを被っている

月一でストレス発散のため、カラオケ屋に通う

まず最初に歌うのは、聴いた事もないロシア語のアニソン

十八番は、聖飢魔IIの「♪蝋人形の館」

雄叫びをあげてカツラをむしり取る

ストレスを発散するとカツラを被り、カラオケ屋を後にする

 

・過剰に親切な男性&細かい男性が苦手

「トイレ行ってくるね」と言って そのまま帰らないことも

 

・恋愛には、相手の脳をコントロールする楽しみがある

自身の脳の動きと相手の脳の動きで遊ぶという

 

●夫:圭さん

夫は、2歳年上で武蔵野美術大学講師の中野圭

「のんちゃん」「圭さん」と呼び合っている

2人の出会いは5年前、中野が友人と集まっていた時、

現れたのが友人の知り合いだった圭さん

(スラッとしててモデルさんみたい)と身長180㎝の圭さんに一目惚れ

圭さんは、まわり盛り上がっていても一人だけ反応が遅い

圭さんの独特の雰囲気に惹かれていった

2人は連絡先を交換し翌日からデートを重ね、交際がスタート

当時、中野は夢だった研究員としてパリでの仕事が決まっていたが、

圭さんと一緒に住みたいため断り、わずか1ヵ月で同棲を始めた

1年半の交際を経て、結婚

出かけるときのキスは、毎日欠かさない

さらにロングヘアが好きな圭さんの為に家ではロングのカツラを被る

 

・夫がモテすぎることが不満

圭さんと生徒が主催する個展に行った時、女子生徒からモテモテ

すると「誰ですか?その人」と中野は明らかに敵意ある目で睨まれる

さらに2人で飲んでいる時、「よかったら一緒に飲みませんか?」

「いいよ」と女性客に逆ナンパされる

 

・圭さんは一つのことが長続きしない

趣味のギターを毎日 練習しているが、途中で諦めてしまい、

マスターしないまま新しい譜面を買ってくる (2042)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク