五郎丸ポーズと♪ドレミファソラシド

●五郎丸ポーズと♪ドレミファソラシド

元イングランド代表の名キッカー:ジョニー・ウィルキンソンが、

キックの前に集中するポーズが原点

ウィルキンソンから直接 指導を受けたのがきっかけで真似るように

試行錯誤を繰り返し、現在の形にたどり着いた

五郎丸ポーズをしている時、ボールの軌道をイメージしているという

 

さらに正確なキックをするため、ポーズ以外にやっていることがある

ラグビー日本代表 メンタルコーチ:荒木香織は、

2012年から五郎丸歩と一緒にボールをける前に必ずやるルーティンを作りあげた

中でも最も苦労したのが、キックまでの歩数

キックまでの歩数は、8歩

キックする前に♪ドレミファソラシドをイメージ

そのリズムが完成したのは、W杯の2か月前

(309)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク