結局 スイカップで仕事を得る古瀬絵理

有吉反省会で紹介

●結局 スイカップで仕事を得る古瀬絵理

 

2003年、NHK山形放送局の女子アナ時代にスイカップと呼ばれ話題に

 

2004年6月19日号の週刊現代では、分刻み視聴率から分析し

“スイカが揺れれば数字は上がる”とまで評されるほど

 

当初、スイカップばかり注目されるのを嫌い、

「スイカップと呼ばれたくない。古瀬絵理と呼んでください。世界で活躍するリポーターになるのが夢」と発言

 

ちなみに現在は結婚して夫と息子と幸せに生活している

(244)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク