サッカー日本代表:宇佐美貴史と妻:蘭の初恋純愛結婚

サッカー日本代表:宇佐美貴史

妻の蘭は、高校生の頃から女優やキャスターとして活動

 

●2人の出会いは、中学生

お互い初恋同士という超純愛カップル

「貴史 見ろ!学校のアイドル蘭さんだ」と

友人に言われて見てみると校庭でバレーボールをしている、

当時、中学3年生で貴史の1歳年上の蘭だった

このとき貴史は、この人と絶対結婚したい!と思った

 

共通の友人を通じて連絡先を交換

何度もメールをするうち互いに惹かれあっていたが、交際には発展しない

このままじゃ一生 告白してもらえない、と蘭は、

“好きな人がいるなら告白したら?”

すると“蘭のことが好きだ でも、そばにいられるだけでいいよ”

煮え切らない貴史に“じゃバイバイ!”

“好きなら付き合いたいのが普通でしょ?そうじゃないならもういい”

“じゃあ好きだから付き合ってください”

こうして2人は蘭のリードで付き合うことに

 

年上の蘭が、1年先に中学を卒業するとき、

貴史は学生服の第2ボタンを渡した

「どうせ来年 誰にも渡さないから」「大切にするね」

貴史はその後1年間、第2ボタン無しで過ごした

 

蘭は東京の高校へ進学、貴史は大阪でサッカー漬けの毎日

2人は別々の道を歩むことに

蘭は東京の大学へ進学

貴史は高校生にしてガンバ大阪とプロ契約、Jリーガーになっていた

 

2人は東京で久々の再会

他愛もない会話の後、突然、

「もしまた付き合えるんだったら…結婚を前提に付き合ってほしんだ!」

貴史は別れた後も、ずっと蘭を想い続けていた

初恋同士の2人は19歳で結婚した (1658)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク