元広島カープ投手:小林敦司は今…パティシエに転身

●元広島カープ投手:小林敦司は今…パティシエに転身

 

1990年、広島東洋カープにドラフト5位で入団

切れ味鋭いスライダーで頭角をあらわし中継ぎピッチャーとして活躍

 

そんな小林を有名にしたのが、1994年4月14日、巨人vs広島戦

4番 清原との対決…投げたボールは清原の頭に命中

マジ切れの清原、ビビる小林…

この騒動は今でも清原の紹介時に使用されるほど有名

 

1年後、清原との対戦でホームランを打たれ、小林は2軍落ち

 

2000年、「来季から契約を結ばない」と戦力外通告を受ける

その後、千葉ロッテマリーンズにテスト入団するも

たった1年で戦力外通告

 

プロ野球を続けたかった小林は、12球団合同トライアウトに挑戦

自主トレで肩を痛め、当日まで投げずにぶっつけ本番

マウンドから投げるも、肩が壊れていて

キャッチャーまで届かなかったという

小林は29歳の若さで現役を引退

 

そんな小林敦司は今…パティシエに転身

 

現役引退後、スイーツの名店「キル フェ ボン」で5年間修業

 

2011年4月、代官山に「2・3Cafe Dining」をオープン

 

小林手作りのベイクドチーズケーキが大人気

現在の年収は2000万円

(1797)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク