小栗旬が芸能界に入ったきっかけは、内田有紀

●芸能界に入ったきっかけは、内田有紀に会うこと

小学校5年生くらいから内田有紀が大好きに。

内田有紀に会いたくて芸能界に入ったという

 

仕事で会ったのは、踊る大捜査線

 

実はその数年前、嵐のコンサートでばったり会った

芸能界に入った最終目標が前から歩いてきた

すれ違ってトイレに入っていった

戻ってくると察知した小栗は、しばらくそこで待った

戻ってきた内田に小栗が、

「色んな所で内田さんのファンだから この業界入った話をしてすみません」

「全然 大丈夫だよ。いつか潤くんとタイミング合えば食事しようね」

「ぜひ…」

その後、食事はしていないが、この出会いで小栗の目的は達成した

 

●小栗会

一つ下の松本潤、二つ下の生田斗真とよく飲みに行く

同じ年の藤原竜也をマンタと呼び、小栗はピスタチオと呼ばれている

(218)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク