山東ルシアは今…シングルマザーで難病を抱えながら芸能界に復帰

爆報!THEフライデーで紹介

●1970年代グラビア界のヒロインとして活躍したアイドル:山東ルシアは今…シングルマザーで難病を抱えながら下町でひっそりと暮らしている

1970年代、アグネス・ラムと同時期に活躍した人気グラビアアイドル

平凡パンチ、週刊ポストなど数々の雑誌でグラビアを飾る

当時、彼女が出演した雑誌の本数は月53誌

1988年、グラビアアイドルとしての仕事が激減

生計を立てるため始めた副業がホステス

ホステスとして働く山東の噂は所属事務所の耳にも入り、芸能界とホステスのどちらを取るのかを迫った

彼女は生きるために芸能界を辞め水商売の道へ

そして35歳の時にお見合いで知り合った大工職人と結婚し、40歳で長男を出産

しかし性格の不一致で離婚

シングルマザーとして再スタートを切った

パートで働きながら女手一つで必死に息子を育てた

その矢先、膠原病が山東をった

いつものように自宅で食器を洗っていると手の指先が真っ黒に

彼女の症状は膠原病の中でも強皮症と呼ばれる皮膚や内臓が硬くなる症状

寒くなると指先の血管が収縮し血が通わず真っ黒になる

医者からは5年生存率40%、治らないと宣告

進行を遅らせるため、飲んだ薬の量は1日15錠以上

子供を育てるため、電話オペレーターや保険のセールスなどを掛け持ち、仕事に励んだ

大量の治療薬の副作用のせいで、2年前、転倒し大腿骨を骨折

ボルトが2本も入る大けがで、7か月間入院、人工骨移植を行った

現在はリハビリで歩けるようになったものの骨を丈夫に保つための注射を毎日打っている

山東は今…息子に支えられ7年前から芸能活動を再開

(2178)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク