黒すぎて天然すぎる女子アナ:岡副麻希

●黒すぎて天然すぎる女子アナ:岡副麻希

大阪桐蔭高等学校を卒業した後、早稲田大学文化構想学部へ進学。

 

●芸能界に入ったきっかけは、知り合いの紹介

大学1年時に早稲田コレクション2011にモデルとして出場。

以降ファッション誌を中心として、モデルとしての活動を始める

めざましテレビに現役女子大生のキャスターとしてレギュラー出演し、

セントフォースに所属

 

●特技は、水泳と水球、15年間習い続けたピアノ

大学では早稲田大学水泳同好会 及び

フィンスイミングサークル:SIX BEATに所属

 

2012年の第24回フィンスイミング日本選手権において

女子1500mビーフィンで優勝

 

2014年10月には競泳水着姿で

週刊ビッグコミックスピリッツの表紙も飾った

 

●大阪桐蔭高校の同級生は、乃木坂46:松村沙友理

 

●黒すぎて外国人ゲートを案内された

セントフォースの先輩:高見侑里によると

仕事で海外ロケに行った帰り、日本の空港でゲートに並んでいたら

「外国人の方はあちらですよ」と外国人ゲートに案内された、しかも2回

 

●下着同然で服を取りに行った

セントフォースの先輩:高見侑里によると

めざましテレビの本番後、私服に着替えていると

麻希ちゃんが「服がない」と言い出し、

下着の上にストールを一枚だけ巻いて、

12階から2階の別の着替え部屋へ 忘れてた服を取りに行った

本人によると「もう1回着て取りに行くのが、面倒くさくて」

 

●サプライズをぶち壊し

セントフォースの先輩:高見侑里によると

私のサプライズ誕生日会を企画してくれたんですが、

当日の細かい段取りを間違えて私も入っているグループLINEに送ってきた

 

●YouTubeの音が出ない

フジテレビ 女子アナ:宮司愛海によると

スマホでYouTubeを観てた時、

「私 YouTube観てる時、音出せたことないねん」と言っていた

 

●まきちょ語

大阪桐蔭高校の同級生の乃木坂46:松村沙友理によると

高校生のときから高校三大美女として有名だった

でもちょっと変わった所があった

語尾にオリジナルの言葉をつける「まきちょ語」で学校中をザワつかせた

「まきちょ語」を使う岡副は、まきちょワールドと呼ばれていた

嬉しかったら「きゃぴるん♪」

 

●9と4分の3番線ごっこ

凄いストレスが溜まった時は、1人で学校の柱に向かって

「9と4分の3番線ごっこ」をし、柱にぶつかっていた (237)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク