岡本真夜の名曲エピソード

岡本真夜の名曲エピソード

 

●「Alone」1996年11月5日発売

“ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで”

上京したての20歳前、デビュー前で辛いことが重なった

そんな時に生まれた「ぎゅっと誰か抱きしめて」のフレーズ

本当に辛い時期だったので

レコーディングで泣いて泣いて歌えなかったという

 

●「そのままの君でいて」1997年1月16日発売

“もっと自由に もっと素直に 強がらないで そのままの君でいいんじゃない?”

高知県立高知南高等学校時代の親友との思い出

岡本は上京、彼女は地元高知で就職、お互いに励ましあっていた

 

●「TOMORROW」1995年5月10日発売 ドラマ「セカンド・チャンス」のタイアップ

“涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように 見るものすべてに 怯えないで 明日は来るよ 君のために”

最初はバラードで作っていた曲

デビューの時、ドラマのタイアップが決まりプロデューサーがアップに

アップの曲は、歌うのも作るのも下手なので、

これ以降、バラードで作っておいてアップに変調している

 

●高知県四万十市出身

両親の離婚により祖父母の養女となり、人見知りが激しく、恥ずかしがり屋だった

小学3年生から高校1年生の時までピアノ教室に通っていた

高校一年の時にラジオで「未来予想図II」を聞いたのが歌手を目指すきっかけ

(202)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク