友人の子供を我が子のように溺愛する独身:市川春猿

歌舞伎挫傷を受賞するなど時代を担う女形:市川春猿は、未だ独身

 

●友人の子供を我が子のように溺愛する独身:市川春猿

 

春猿が可愛がっているのは、15年来の友人:小島さんの3人の子供

春猿は血の繋がりのない子供を我が子のように育てている

東京にいる時は、週に最低でも5日 6日、小島家に通っている

春猿の自宅は小島家から徒歩1分、

寝る時以外の大半の時間を小島家で過ごす

 

6年前、元々友人だった小島さん夫婦にたまたま再会した

当時、8か月だった渚くんに一目惚れ

以来、小島さん一家に引越しを勧め、

近所に住んでもらい家族同然の付き合いに

 

慣れた様子で冷蔵庫を開け、子供たちに飲み物を与える

まるで我が家のように掃除機で掃除

子供の誕生日は当たり前、祖父母を交えた家族旅行にも参加

あまりに好きすぎて長男の学校の遠足にも同行してしまった

保護者が判子を押す音読カードにまで春猿がサイン

保育園の送り迎え、そのママ友とのお付き合い、おむつを替え

地方公演で寂しくなった春猿は、新幹線代、宿泊代、

滞在中の食費もろもろ全て支払い、小島家を呼び寄せるほどに

「生みの親ではないけれど親として接しているつもり」

(1006)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク