元TBSアナウンサー有馬隼人がアメリカンフットボール選手に転職

明石家さんまの転職DE天職で紹介

●元TBSアナウンサー有馬隼人がアメリカンフットボール選手に転職

2001年、TBSアナウンサーとして入社

朝の情報番組やスポーツ番組で活躍

しかし入社してからわずか3年でTBSを退社

転職したのはアメリカンフットボール選手

転職にあたり一から身体を鍛え直した

学生時代、年間最優秀選手に選ばれるほどのスター選手だった

選手への夢を残したままTBSへ入社

しかし取材中にアスリートの誰もが口にする「この競技が本当に好きなんです」

この言葉を聞くたびに、自分の気持ちを抑えられなくなっていった

こうして2004年、アメリカンフットボール選手として活動

攻撃の司令塔クォーターバックとして所属チームを2度リーグ1位に導く活躍を見せた

昨年、選手を引退し今年からコーチとして選手を支えている

(1461)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク