元フジテレビアナウンサー松倉悦郎は今…住職に転身

明石家さんまの転職DE天職で紹介

 

●元フジテレビアナウンサー松倉悦郎は今…住職に転身

 

1968年、フジテレビに入社

逸見政孝と同期で松倉はスポーツ中継の名アナウンサー

 

1988年のソウル五輪では開会式を実況

2002年、56歳でフジテレビを退社

 

そんな松倉は今…住職に転身

兵庫県姫路市で妻の実家を継ぎ、仏の道に仕えている

堅苦しくなりそうな仏教を巧みな話術で楽しく説法している

 

松倉の名刺には「楽しくなければお寺じゃない!」とスローガンが書かれている

 

1981年、大学時代に知り合った亮子さんと結婚

すると妻:亮子さんの実家が寺だった

ある日、松倉の人生観を変える出来事が起きた

1993年12月25日、逸見正孝 死去

2人は早稲田大学の演劇学科の同級生、2人ともアナウンサー志望

一緒にフジテレビに入社し、公私で親しくする旧知の仲

30年間、親友として生きてきた仲間の死が、松倉の人生観を起きく変えた

松倉は通信教育で仏門の勉強を始め、僧侶の資格を取り、

60歳の時に、508年の歴史を持つ善教寺19代目住職に就いた

 

フジテレビ時代は年収2400万円だったが、現在は1/4程の収入だという (1542)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク