歌詞が暗すぎる歌姫:柴田淳

●歌詞が暗すぎる歌姫:柴田淳

38歳で独身の美人シンガーソングライター

とにかく彼女の曲の歌詞が暗すぎる

曲のネタは、ほとんど別れた男

 

 

●愛されたいのに誰も愛してくれない恋愛遍歴

付き合う男性は、ダメ男ばかりで

酒、タバコ、ギャンブルを愛するミュージシャン

・柴田の仕事が順調になると拗ねてしまう

・東京で会ってくれない

ツアーについてきてほしいのか、よく地方に呼ばれる事も

・フラれたばかり

追いかける恋愛ばっかりだったが、「ファンです」とアプローチされ、

想われる事の良さを知り、徐々に好きになっていった

「今年1年間の中で1番嬉しかったのは君に会えたことです」

と言われて嬉しかったので、「好きです」と気持ちを伝えたら、

「ごめんなさい」とフラれた

 

●細かすぎる好きな男性の仕草

・電車で隣に座ったガタイのいい男

顔は見れないけど大きな太ももを見て、素敵だなと思っている

・電話口で「どうした?」と言われると好きになってしまう

・椅子に軽く座り両肘を膝に置いて、

インタビューを受けている感じで「まぁ そうですよね」

 

●恥ずかしいところに1本だけ金色の毛

(608)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク