不倫相手の養子になるか悩んだ料理研究家:森崎友紀

男運のない料理研究家:森崎友紀

●高校教師の年齢詐称

少し前 森崎は 36歳の数学の高校教師と交際していた

ある日、たまたま彼の保険証が置いてあったので見てみると

36歳ではなく45歳だった

振り返ってみると、「油が多過ぎ」や「その部位は食べない」など

森崎の料理や食生活に対してもうるさかった

 

●不倫相手から「養子になってくれないか」

20代後半に付き合っていた彼に妻子がいることが発覚

ある日 デートで小さい男の子を連れてきた

近所の知り合いの子供かな?と思ったら突然「俺の子や」と告白された

 

「子供も奥さんもいるから別れられないけど、このままだとお前に何も残らない」

妻とも森崎とも別れたくない彼は、森崎に

「俺の養子にならないか?子どもと奥さんと仲良くしてくれ」と提案された

当時の森崎にとって その提案は名案に聞こえ、納得してしまった

 

それから森崎は1ヶ月くらい悩み、

周りからも説得されてようやく我に返り別れる事が出来たという

(997)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク