元お天気キャスター:森田みいこの古臭い生態

有吉反省会で紹介

 

●元お天気キャスター:森田みいこの古臭い生態

2009年、22歳で芸能界デビューし、「ひるおび!」のお天気お姉さんに抜擢

 

森田のマネージャーによると

「華やかでキャピキャピした元気な女性として売り出したかったンですけど…」

キャピキャピとした一面はなく、タレントとしての華やかさはないと評価

 

そんな森田の生態は、とにかく古臭い

 

・神社で読書

大好きな場所は根津神社

愛読書は「万葉集」、カバンから水筒を取り出し、おさ湯で喉を潤す

「冷たいとお腹が冷えるので、秋から冬にかけてはよく持ち歩いて飲んでいます」

 

・裁判傍聴

安楽死について書かれている森鴎外の「高瀬舟」を読み、裁判傍聴に行った

休みの日は裁判傍聴に行っている

芸能界に入る前は年間2、300件、傍聴していたという

 

・カバンの中身

UHA味覚糖の「純露」、小腹を満たす小魚、髪をとかすつげ櫛、みかん…

カバンの中身は完全におばあさん

 

・よく聴く音楽

散歩中によく聴く音楽は、落語。特に好きな落語は「火焔太鼓」

 

・得意料理

ブリの照焼、高野豆腐の煮物など茶色の料理ばかり

有吉反省会のロケで生まれて初めてパスタを食した

 

・夜6時に就寝

趣味が合わないため「同性代の人とはコミュニケーションが不足してしまう」

同じ世代の友人から「夜、ご飯行きましょう」と誘われても、

「夜8時集合だと、眠い時間なのでお断りしています」

早い時で夜6時に就寝してるという

男性とお付き合いしたことは、あるらしい

 

・芸能界に入ったキッカケ

家族がミーハーで、家族の会話が楽しくなればいいと思って

「芸能界にお邪魔しました」

ちなみに森田は、共演した方に直筆のお礼状を出しているという

 

 

・苦労人

大阪に生まれ、その後 兵庫県へ転出

 

グラビアアイドル:芝真未としてデビュー、原真未に改名し「やりすぎコージー」のやりすぎガールの4代目 5代目として活躍

 

その後、事務所の異動に伴い、芸名を森田美位子、さらに森田みいこに改名

自称、タモリマニアで「オリエンタルラジオ」ファンである

 

・潔癖症

帰宅したら玄関を拭いて、靴の裏を拭いて

全て脱いでから出ないと部屋に入らない

1日に何回も掃除をするので兄に掃除の妖怪と呼ばれている

たまに気になったらお金も洗う

カーテンは3日に1回

他人を部屋のいれるのが嫌いなので、交際もできない

 

芸人の汗、鼻水、唾液を集めて火にかけて塩にしたものを

鍋に入れて食べるという番組の企画

芸人が誰が食べるか?くじを引いたところ、

アシスタントの森田が当たってしまった

本当に気持ち悪くて泣きすぎて過呼吸になって、

それから失声性になり3ヵ月間 声が出なくなった

 

●理想の男性は、山本五十六にような人

優しくて強くて頼りがいのある男性

(817)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク