両親に背中を押され養子に入った歌舞伎俳優:片岡愛之助

●歌舞伎俳優:片岡愛之助の半生

1972年、大阪府堺市に2人兄妹の長男として生まれた

本名:山元寛之

実家は船のスクリューを製造する町工場

家も工場と同じ敷地内にあり、

ダンプカーが出入りして危ないからと外で遊ばせてもらえなかった

そんな息子を可愛そうに思った父は、

5歳の時に遊び場代わりに松竹芸能の子役養成所へ通わせる

7歳の時に子役として歌舞伎の舞台に出演

愛之助は歌舞伎の魅力に惹き込まれた

そんな歌舞伎を楽しむ愛之助の姿が、二代目 片岡秀太郎の目にとまった

1981年、秀太郎の父で人間国宝の十三代目 片岡仁左衛門に弟子入り

しかし外から入ってきた愛之助には、大きな役が回ってくることはなかった

 

●片岡家の養子

19歳になったある日、片岡秀太郎に呼ばれ「片岡家の養子にならないか?」

歌舞伎俳優を続けたいという愛之助の思いを知った秀太郎は、

より良い環境で歌舞伎ができるように養子になることを提案した

愛之助は両親に相談した

父は「自分が本当にしたい仕事なら行ってこい」

母も「思う道を進みなさい」

両親に背中を押され、19歳で片岡秀太郎の養子に入る

六代目 片岡愛之助を襲名

 

●両親の死

そんなある日、母の気管支に末期がんが見つかり、余命3週間と診断される

不安を抱えながらも舞台に立ち続けた

そんな息子に励まされてか、母の病状も奇跡的に回復した

それてから4年後、愛之助の公演中、

母の容体が急変、病院に緊急搬送される

1999年、千秋楽の翌朝、家族全員が見守る中でそっと息を引き取った

2000年、母を追うように父がクモ膜下出血で他界

立て続けに両親を亡くなった愛之助は歌舞伎の舞台に立ち続けた

2010年、十一代目 市川海老蔵の代役で「外郎売」の主役に抜擢

これをきっかけに歌舞伎だけでなく映画、舞台、ドラマまで幅広く活躍

(498)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク