不登校だったママシンガー:相川七瀬

誰だって波瀾爆笑で紹介

不登校だったママシンガー:相川七瀬

1975年、大阪府大阪市 生まれ

2人姉妹の長女として育った七瀬は、おとなしい女の子だった

部屋にこもって本を読んだり、ひとり人形で遊ぶような内気な性格

何よりも好きだったのは、歌うこと

人前に出る事は苦手だったが、密かに歌手になる事を夢見るように

中学に入ると両親が離婚

転校すると周りからのイジメにあい不登校に

中学に入ってから数々のオーディションを受けるも全て落選

3年生になったある日、これでダメだったら諦めよう…

最後の可能性にかけオーディションで

大好きな工藤静香の曲を熱唱するも不合格

 

きっぱりと歌手の夢を諦めた七瀬は、高校へ進学

そんな時、東京から織田哲郎が大阪の七瀬のもとを訪ねてきた

織田は七瀬が最後に受けたオーディションの審査員のひとりだった

「君 歌手にならないか?」

アイドルのオーディションなのに

眉間にシワを寄せて、叫び倒して帰っていった七瀬が印象的だった

織田の誘いに七瀬は「もう歌手はやりません。興味がなくなりました」

オーディションに落ち続けていた七瀬は自身が無くなっていた

 

しかし高校2年生の時、学校に馴染むことができず中退

1度、断ったにも関わらず今度は自ら織田に連絡

その後、本格的なレッスンを受けるために上京

そして翌年、20歳の時に念願の歌手デビューした

 

●結婚

2001年、26歳の時、一般男性と結婚

その年に長男が誕生、2007年に二男、2012年に長女を出産

(451)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク