矢口真里が語る不倫スキャンダルの真相

今だから言えるナイショ話で紹介

 

元モーニング娘。矢口真里の本音

15歳でモーニング娘。に加入し、芸能界デビュー

卒業後は明るいキャラクターをいかしバラエティー番組で活躍

 

2011年、3歳年下の俳優と結婚、順風満帆だった…が

2013年6月、不倫スキャンダルが発覚

報道から9日後、離婚を発表

さらにレギュラー番組を降板し、テレビ界から姿を消した

そして騒動から1年5か月後、ようやく芸能活動を再開した

そんな矢口が休業中にハマったドラマは「昼顔」

不倫に踏みとどまる上戸彩に対し、

矢口は「イケ!イケ!貫け!」と応援していたという

ドラマ以外の暇つぶしは、ゲーム、マンガ、塗り絵…

塗り絵が好きで、1日7時間くらい塗り続けられる

 

●ロンブー淳宅で食事会

自宅からもあまり出ず、他人と会っていなかった

報道から半年後、ロンブー淳からメールが届いた

“もうそろそろ気持ちが落ち着いているころだと思ったからメールしたんだけど、うちにご飯 食べにおいでよ”

ちょうど外に出ようかなと思っていたタイミングだったので、淳宅にお邪魔した

食事をしながら淳は「普通の生活をしなよ。こそこそせずに」とアドバイス

「今の彼氏、芸能界の友達いないでしょ?俺が話聞いてあげるから呼びなよ」に、矢口は彼氏を呼んで、3人で話をしたという

 

●不倫スキャンダルの真相

最初の不倫報道の時は、現在の彼氏とは普通の友人で、

その後 連絡も取っていなかった

矢口は彼にも迷惑をかけたという気持ちがあり、

半年後に電話で連絡を取り合うようになった

そこから彼に励まされ支えられ、

会うようになってお付き合いするようになったという

(3095)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク