鹿児島のご当地ヒーローに貢ぐ東京の歯科医:福元康恵

●鹿児島のご当地ヒーローに貢ぐ東京の歯科医:福元康恵

メイドの歯科医院:新宿ちどり歯科の院長

東京医科歯科大学附属病院に長年勤務

保存治療(歯を抜かずに残す治療)のスペシャリスト

趣味はフィギュア製作

 

そんな福元が貢いでいるのが、鹿児島のご当地ヒーロー:薩摩剣士 隼人

悪の親玉:ヤッセンボーに立ち向かい、鹿児島の未来をすくうストーリー

 

その中でも悪の親玉:ヤッセンボーに感情移入し、ハマっている

ヤッセンボーとは、鹿児島弁で「弱虫、腰抜け、駄目な奴」という意味

周りからヤッセンボーと言われている弱虫の悲しさや悔しさを代弁する

 

福元はヤッセンボーを思うだけで、涙を流してしまう

 

薩摩剣士 隼人を観た時に、高校の体力測定の50m走で

頑張って速く走ろうとするが転んでしまった過去など

しまい込んでいた自分の感情がワッと出てきたという

(133)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク