教科書を食べていた女優:美保純

明石家さんまのコンプレッくすっ杯で紹介

 

貧乏すぎる女優:美保純の憂い

 

●縄跳びを買えず荷物を縛る縄で代用

小学生の頃、体育の授業で縄跳びをする時、

周りに友達はみんなカラフルでカワイイ物を使っていたが、

美保純が使っていたのは、薪を縛る縄で代用していた

藁を結った縄は、軽すぎて二重跳びなどできるわけがない

 

●かまどで食事を作ってた

トイレットペーパーは安いちり紙

電気が通ってなかったので氷を入れる保冷庫を使っていた

さらに、かまどで食事を作っていたという

 

●紙を食べていた

食べるものがなかった幼児期

騒ぐ美保純を黙らせるために、兄姉は紙を食べさせていた

その癖は小学4年生まで直らず、教科書の端をちぎって食べていた

国語の教科書が一番美味しかったという

 

●立ち入り禁止のゴルフ場で家族でスキー

張り切って父親が「よしみんなスキーに行くぞ!」

ライトバンで移動して、たまの家族旅行を楽しんだ

場所は雪が積もった傾斜で他に客もいない

滑り放題の場所でソリでガンガン滑っていたが、

そこはスキー場ではなく立ち入り禁止のゴルフ場だった

(1106)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク