芥川龍之介の孫:芥川麻実子は今…道の駅 八王子滝山で駅長を務めている

爆報!THEフライデーで紹介

23歳で羅生門を書き上げた芥川龍之介は

一躍天才と呼ばれ、12年間で60作品以上の名作を生んだ

1927年、35歳の時、突然自殺した

 

●芥川龍之介の孫:芥川麻実子は今…道の駅 八王子滝山で駅長を務めている

 

芥川麻実子は、芥川龍之介の三男、作曲家:也寸志の長女

20代の頃、「ハイ!土曜日です」「アフタヌーショー」など

多くの情報番組に出演した元人気キャスター

朝の顔として活躍する最中、突然セクシーグラビアに挑戦

2度の離婚を経て、51歳の時、3度目の結婚をし、現在は2人暮らし

 

1981年、33歳で芸能界を引退した後、

日本全国の高速道路を制覇し、道マニアに

豊富な道の知識を買われた芥川は、

当時の道路公団や建設省から道路のアドバイザーに任命された

 

現在は道の駅 八王子滝山で駅長を務め、

フリーペーパー滝山通信を企画・編集している

(1900)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク