厳しすぎる父に鍛えられた巨人:菅野智之

野球を始めたのは小学1年生の時

原辰則の甥っ子である菅野の夢は、巨人でプロ野球選手になることだった

大学まで野球をしていた父:隆志さん、息子への指導は厳しかった

チームの練習が終わっても、休む暇もなくダッシュ練習

ただ走らせるのではなく、様々な動きを付けて走らせていた

そうすることでバランスよく筋肉を鍛えるのが狙いだった

試合で良い結果を残しても父から褒められることはなかった

父は菅野に必ずノルマを課していた

例えば、今月のノルマは、毎朝 公園を10周走ること

どんなに頑張っても次から次へと厳しいノルマが課せられる

歯を食いしばりひとつひとつやり遂げていった

 

しかし父の指導でどうしても嫌な事があった

家族がそろい普通なら楽しいはずの食事

菅野に出されるのは決まって てんこ盛りのご飯

それを2杯食べるのがノルマだった

目の前では父が見ている…次々と唐揚げが積み上げられていく

当時、体が小さかった菅野、

プロ野球選手になるためには大きな体にしなければならない

その思いから父は、食事の時も厳しかった

 

中学生になると厳しい父の教えでチームのエースに

関東大会ベスト8に貢献、それでも父は褒めなかった

高校は父:隆志さんと叔父:原監督の母校:東海大相模高校に進学

すぐに原監督の甥っ子として注目された

しかし1年生の時、右肩を痛めてしまい思うように投げられなく絶望感に襲われる

悩んだ末、父に電話した「俺…もう野球やめたい…」

「何を言っているんだ智之」

「肩痛いし野球 やめるよ俺」父に初めて野球をやめたいと伝えた

すると「何を甘ったれたこと言ってるんだ!お前はそこまでの選手だったのか!やめちまえ!」

 

父が厳しくするのには理由があった

父もかつてプロ野球選手を目指しいていたが、夢は叶わなかった

プロになる難しさを身を持って知っているからこそ、

父は夢を追う息子を思い、あえて厳しく接した

その日以来、菅野は一度も弱音を吐くことはなかった

 

東海大学の3年生の時、最速157キロをマーク

それでも父は褒めなかった

大学4年の時にはプロ注目の選手としてドラフト1位候補に

夢は叔父:原監督がいる巨人に入ること

ドラフト会議、巨人と日本ハムの2球団が1位指名

抽選の結果、交渉権は日本ハムが獲得

ドラフトから数日後…両親のもとを訪ねた

「俺、自分の夢を貫きたい、もう一年待つよ」

1年間の浪人生活を決意

巨人に入れる確証はない…公式戦で投げる事も出来ない…

それでも黙々とトレーニングを続けた

2012年、2度目のドラフト会議、ついに夢の巨人入団を果たす

 

1年目からチームトップタイの13勝を挙げた

それでも父は褒めなかった

 

そんな父がはじめて褒めてくれた試合がある

それは2013年11月2日、日本シリーズ 第6戦 楽天vs巨人

マウンドには無敗の田中将大

王手をかけられ負けられない巨人

菅野は田中と投げ合った

菅野はこの年田中に投げ勝った たった一人の選手となった

試合後「智之はすごい。あいつは本当にスゴイ」

厳しかった父がはじめて菅野を褒めた

その夜、母から電話で父の話が伝えられた

「智之、お父さんがね「あいつは凄い 凄い」って褒めてたわよ」

「本当に…?」

出来れば直接聞きたがったが、頑張ってきて良かったなと思った瞬間だった

父は言う「智之が野球をやめるときに面と向かって褒めたい」

(1461)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク